ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水温でLEDの発光色が変化! お風呂タイムを華やかに演出するおもしろアイテム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


センチュリーは、同社のネット通販サイト『白箱.com』にて、温度センサーで水温を感知するとLEDの発光色が変化する『温度センサー付きLEDシャワーヘッド』と『温度センサー付きLED蛇口ホルダー』の販売を開始しました。グリーン、ブルー、レッドと3色のLEDが発光して、あなたのお風呂タイムを華やかに演出するおもしろアイテムです。

『温度センサー付きLEDシャワーヘッド』は、水温により発光色が変化するシャワーヘッド。32℃以下はグリーン、33~41℃ではブルー、42~45℃ではレッドに、そして46℃以上になるとフラッシュレッドになり、バスルームの熱気を目で楽しむことができます。サイズはW80×H220×D55mm(ヘッド部最長)、重さは約78g。対応メーカーは、TOTO、INAX(バランス釜以外)、KAKUDAI、SAN-EI、YUKO(2001年以降製造品)です。シャワーヘッドとホースが合わない場合は、別途対応するアダプターが必要になります。販売価格は2680円(税込み)、電池は不要ですので、取りつけるだけで使用可能です。

『温度センサー付きLED蛇口ホルダー』は、35℃以下でブルーに、36~95℃になるとレッドに発光。色を見れば、水とお湯のどちらが出ているのかを判断できるため、小さな子どもやお年寄りのやけど防止にも実用的なアイテムです。こちらはボタン電池(R44×3個)が必要になります。本体サイズは長さ65mm×直径35mm(最大)、内ネジ(アダプターリング、直径2/2.2cmの2種類)、内網、お試し用ボタン電池(3個)、が付属しています。販売価格は1780円(税込み)です。

暗いバスルームで使えばちょっと妖しげでエロい雰囲気に、明るいバスルームで使えば華やかなお祭り気分を味わえそうです。いつもと違うお風呂タイムを楽しみたい楽しみたいときに使ってみてはいかがでしょうか?
 
 

■関連記事
お風呂で使える防水ワンセグテレビ『ビエラ・ワンセグ SV-ME650/ME550』
『きの山さん』オリジナルマスコットも付いてくる!『きのこの山入浴剤』発売へ
食べないであたたまる? 『明星チャルメラ』などをモチーフにした入浴剤が登場!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP