ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia ZやXperia ZLなどで発生しているGoogle Play開発者サービスのバッテリー消費量激増問題の回避策を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia ZやXperia ZLなどの2013年モデルのAndroid 4.4.2アップデートで発生している「Google Play開発者サービス」のバッテリー消費量激増問題について、Sony Mobileがサポートフォーラムで見解と回避策を発表しました。Sony Mobileによると、この現象はGoogle Play開発者サービスの最新版(v4.4.52)を利用した場合に発生するもので、対処策はアプリ側の修正を待つしかないとのことです。それを待てない場合の回避策も紹介されています。1つ目はGoogle Play開発者サービスをアンインストールしてプリインストールバージョンに戻すこと、2つ目は次の設定変更を行うことです。その方法というのは、Google Play開発者サービスに含まれる「Google設定」アプリを起動し、「広告」→「インタレストベースの広告をオプトアウト」にチェックを入れます。次に、Androidの設定メニューを表示後、「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」からチェックを外し、自動バックアップを停止します。Google Play開発者サービスのアップデートをアンインストールできない場合は、「セキュリティ」→「機器管理機能」→「Androidデバイスマネージャー」からチェックを外します。また、Google Playストアアプリでアプリの自動更新にチェックを入れておくと、Google Play開発者サービスの自動アップデートが行われるので、チェックを外しておきます。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Galaxy J SC-02Fの月々サポートとMNP特別割引の適用金額を増額、端末価格を実質0円に
Xposed G-Touchwiz : Galaxy S 5の通知パネルからSファインダーやクイック接続などを無くして通知領域を拡大できるAndroidアプリ
Google Glass風のAndroidスマートグラス「SiME」がComputex 2014で展示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP