ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口の中でひんやり感じる新感覚の和洋菓子!「ももたん」にご当地かき氷味が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おみやげ菓子「ももたん」の新フレーバーとして、人気のご当地かき氷をモチーフとした『「ももたん」生グソ味』と『「ももたん」しろくま味』が6月14日から順次発売!(岡山の直営店と東京都内の主要駅と空港のお土産売場にて販売。)

「生グソ」とは、フレッシュなグレープフルーツ入りのかき氷の上にソフトクリームを乗せた、秋田で人気のご当地かき氷で、正式名称は「生グレープフルーツソフト」。『「ももたん」生グソ味』(500円)は、グレープフルーツピールの砂糖づけと濃厚なバターミルクパウダーを白あんと合わせ、ソフトクリーム風味のケーキで包んで焼き上げた。

グレープフルーツの爽やかさとソフトクリームの濃厚な味わいで、秋田で人気のご当地かき氷「生グソ」の味をスイーツで再現した本商品。またブドウ糖を配合して口の中に入れるとひんやりとした食感を感じられるようにし、これからの季節にぴったりの新しいスイーツとなっている。

「しろくま」とは、練乳かき氷にいろいろなフルーツをトッピングして楽しむ鹿児島の有名なご当地かき氷。『「ももたん」しろくま味』(500円)は、桃とパインの砂糖づけと小豆甘納豆、練乳を贅沢に配合した白あんに、アクセントとしてオレンジマーマレードを合わせた「しろくま風味」のオリジナルあんをミルクフレーバーのケーキで包んで焼き上げた。

桃とパインと甘納豆の食感と練乳の濃厚な甘味が合わさり、鹿児島名物のかき氷「しろくま」をスイーツとして再現。またこちらも「生グソ味」と同様に、口の中に入れるとひんやりとした食感を感じられる。

ご当地かき氷を菓子で表現した「ももたん」の夏の新フレーバー。ぜひこれからの季節にぴったりの味を試してみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP