ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel “Moorefield”のグラフィックス性能はSnapdragon 801やApple A7よりも上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelのモバイル向け新Atomプロセッサ“Moorefield”のグラフィックス性能が、ベンチマークアプリでSnapdragon 801やTegra 4、Apple A7を搭載した端末よりも優れていることがMobile Geeksの記事でで判明しました。Intelの‟Moorefield”は、最大2.33GHz駆動のクアッドコアプロセッサ(L2キャッシュは2MB)とPowerVR G6430@533MHzを搭載したAtom SoCです。ASUSの新型MeMO Pad 8に搭載されていたりします。同サイトがComputex 2014会場に展示されていたIntel製のMoorefield端末、Snapdragon 801を搭載したGalaxy S 5、Intel製Merrifield端末で3DMarkアプリを実行したところ、「Ice Storm Unlimited」のスコアでMoorefield端末は20,997点、Galaxy S 5は18,144点、Merrifield端末は16,407点でした。3DMarkの公開スコアによると、iPhone 5sのスコアは14,620点なので、他のARM系プロセッサよりもグラフィックス性能は優れていると考えられます(スコアは他の仕様によって変化するので、一概に優れているとは言えませんが・・・)。Source : Mobile Geeks



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Galaxy J SC-02Fの月々サポートとMNP特別割引の適用金額を増額、端末価格を実質0円に
Xposed G-Touchwiz : Galaxy S 5の通知パネルからSファインダーやクイック接続などを無くして通知領域を拡大できるAndroidアプリ
Google Glass風のAndroidスマートグラス「SiME」がComputex 2014で展示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP