ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、KDDIの「SHL22」と「SHL24」、ソフトバンクの「304SH」のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープが本日6月5日に、KDDIとソフトバンで販売されているAndroidスマートフォン3機種のソフトウェアアップデートを開始しました。アップデートの対象モデルは、KDDIの「AQUOS PHONE SERIE SHL23」と「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」、ソフトバンクの「AQUOS Xx 304SH」です。SHL23では、暗所でモバイルライトONのまま撮影すると、写真が赤みがかるといった色合いの変化に関する改善が行われるそうです。SHL24では、ディスプレイ上から液晶保護フィルムを貼った場合に、ボリュームダウンボタンが効きにくくなるという前代未聞の現象が改善されるそうです。304SHでは、ホームアプリ「SHホーム」を利用している時に、ごく稀にアプリアイコンが表示されなくなるという現象が改善されるそうです。Source : KDDI(SHL22)(SHL24)、ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Galaxy J SC-02Fの月々サポートとMNP特別割引の適用金額を増額、端末価格を実質0円に
Xposed G-Touchwiz : Galaxy S 5の通知パネルからSファインダーやクイック接続などを無くして通知領域を拡大できるAndroidアプリ
Google Glass風のAndroidスマートグラス「SiME」がComputex 2014で展示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP