ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外な日本語ルーツ「チラリズム」生みの親は浅香光代だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 普通の国語辞書にこそ載っていないが、広く国民に知られている「卑猥な日本語」の数々。それらはいったいどのように生まれ、全国に伝播していったのか。

 パンチラ、ブラチラなどの派生語もある「チラリズム」の産みの親はなんと浅香光代。『性の用語集』と『性的なことば』(いずれも講談社現代新書)の著者である国際日本文化研究センター教授の井上章一氏が解説する。

「ストリップブームの1950年代後半、浅香さんが自伝の『女剣劇』で<ストリップ・ショウが、そのものズバリの舶来のエロなら、私は、チラリチラリのチラリズムのニッポン的なお色気でいってやろう>と記述したのがチラリズムの原点です。

 何もかも丸見えのエロに食傷気味だった男たちに受け入れられ瞬く間に流行語となりました」

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美尻アイドル 岩場でスカートをたくし上げて白下着チラ見せ
Fカップ旅作家 “史上最大露出”で「見えてはいけないものも」
安倍首相 ナショナリズム「健全」「偏狭」分けて考えるべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP