ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

捕鯨妨害するシー・シェパード 現状は抑制と警告しかできぬ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国際司法裁判所(ICJ)が「南極海における日本の捕鯨中止命令」を出したのは3月末のこと。環境保護団体や反捕鯨団体の完勝に終わったが、彼らは本当に“正義の味方”なのだろうか。

 2010年、南極海での日本の調査捕鯨中止を求め提訴に踏み切ったのは「反捕鯨国」の筆頭格、オーストラリアだった。

 同国は「日本の調査捕鯨は商業捕鯨の隠れ蓑だ」と訴え、判事の過半数(16名中10名)を反捕鯨国出身者が占めるICJもこれを支持した。日本政府は判決に従う意向を明らかにしたが、すべての調査捕鯨がなくなるわけではなく、北西太平洋では今年度も継続される。

 もちろんそれを反捕鯨団体が看過するはずはない。厄介なのは、2005年から南極海での日本の調査捕鯨を妨害し、過激な妨害活動でその名を世界に知らしめた「シー・シェパード(SS)」の存在だ。

 カナダ生まれの創設者、ポール・ワトソン氏(63)は国際環境保護団体「グリーンピース(GP)」の元メンバーで、1977年にSSの前身となる「アースフォース」を結成。以後、捕鯨国のノルウェーやアイスランド、デンマークなどを舞台に捕鯨船への体当たり、侵入・撃沈などを繰り返し、幾度も各国治安当局に逮捕・投獄された経歴を持つ。

 同氏は当初、GPとともに日本の捕鯨妨害活動を展開していたが、年々、行動をエスカレートさせていった。捕獲調査を実施する一般財団法人日本鯨類研究所参事・西脇茂利氏が振り返る。

「それまでもGPによる船体接触などはありましたが、彼らは『日本の調査捕鯨船に抗議した』というキャンペーンのアリバイ作りが主目的のようで、無理はしなかった。

 しかし、後から参戦したSSはより危険かつ執拗な調査妨害を繰り返しました。高速ボートで調査母船に近づき、危険物の酪酸入りのガラス瓶を投擲したり、船員に向かってレーザーや照明弾を水平打ちしたりしたこともあります」

 近年は日本の捕獲調査船に海上保安官が警乗しているが、SSの攻撃を完全に防ぐことは難しいという。

「現状では、放水やLRAD(長距離音響発生装置)による妨害行為への抑制と警告が精一杯です」(前出・西脇氏)

 産経新聞モスクワ支局長で『シー・シェパードの正体』の著者、佐々木正明氏が語る。

「SSの捕鯨妨害船クルーの多くは20~30代のボランティアです。マスメディアやHPを通じてSSの活動を知り、共感した者たちが応募してきます。そのため、操船技術などない素人が多い。シーズンごとに選ばれ、世界10か国以上の出身者から構成されます。

 新人クルーはワトソンやベテランクルーに連れられ航海に出ます。その間、長い時には数か月にわたって延々と反捕鯨の重要性を説かれ、捕鯨国への憎悪を刷り込まれます」

※SAPIO2014年6月号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
復興用の予算からシーシェパード対策費に5億円使われていた
反捕鯨団体と対峙した太地町の漁師から前原外相が学べること
「捕鯨が残酷」は昔欧米による残酷捕鯨のイメージが強いから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP