ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出産祝い相場 親しい友人・同僚は5千~1万円、知人は3千円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多すぎては相手に気をつかわせてしまうし、少なすぎては失礼…。相手との関係や自分の年齢、立場で変わってくる、祝儀の金額や品物の相場を紹介します。

■出産祝い
親族:1万円~
親しい友人・同僚・後輩:5000~1万円
知人:3000円

 出産祝いは本来、身内が家族の喜びごとを祝うものなので、産婦の親(実・義父母)からは3万~10万円くらいが相場。親しい友人、知人の関係なら、できるだけリクエストを聞いて、お金より希望の品物を贈るのがおすすめ。予算より高くなるようなら、何人かでお金を出し合っても。

■入学祝い
親族:1万円~
親しい友人・同僚・後輩:5000~1万円
知人:~5000円

 入学祝いも主に身内で祝うもの。初めての就学である小学校入学などでは、ランドセルや衣類などを祖父母や親戚などで揃えてあげることが多いよう。身内以外は、品物が重ならないよう、また必要なものに自由に使ってもらえるよう、現金や図書カード、商品券などがおすすめ。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香典の相場 恩師は1万円、喪主や遺族が友人なら5千~1万円
男性の74%は不倫経験アリ、相手の3分の1超が仕事関係
子ども手当などは屁の突っ張りにもならないと大前研一氏語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。