ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳩サブレーの豊島屋 地元海水浴場の命名権行使せず大絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「はあちゅう」の愛称で知られるブロガーで作家の伊藤春香さんが、ネット上で起きているトピックを紹介。今回は、「命名権」の話題です。

 * * *
 鳩サブレーで有名な老舗菓子会社「豊島屋」が地元の海水浴場の命名権を購入して、その権利を行使しなかったことがネット上で話題になりました。

「命名権」とは聞きなれない言葉かも知れませんが、東京スタジアム(東京・調布市)が味の素スタジアムになったことや、渋谷公会堂(東京・渋谷区)がC.C.レモンホール(すでに契約は失効し、現在は「渋谷公会堂」)になったことが代表的な事例で、企業や商品の認知度向上のため、施設や地名などに名前を付けられる権利です。つまり、街中の看板と同じように広告商品なんですね。

 今回は年間1200万円で命名権を10年契約で購入した豊島屋が、「買ったものを使わない」という前代未聞の選択をしたことが、「かっこいい!」とネット上で大絶賛されました。

 あまりに褒められているので私のようなひねくれ者は「そういう戦略だったんじゃないの?」とうがった見方をしてしまいましたが、「地元への恩返しをしたい」という社長のコメントに、素敵な取り計らいだと思い改めました。

 これを大手の会社ではなく、地元に根付いている豊島屋さんがやるところがまた粋ですよね。

 海水浴場はこれまで通り「材木座海水浴場」「由比ガ浜海水浴場」「腰越海水浴場」と呼ばれるとのこと。そして豊島屋が支払ったお金は、海の清掃や監視員の雇用に使われるそうです。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
運転停止 日本で初めて死者を出した原発・美浜発電所の現在
今年流行“モノキニ”水着姿の23才女性「セクシーでしょ?」
ビキニの上がずり落ちないよう肩紐つけたバンドゥ水着ギャル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。