ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見納め国立競技場豆知識 トラックの下に女性用立ち小便器等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」──この名言から開幕した1964年の東京五輪。その青空の下にあった当時最新のスタジアムが56年の歴史に幕を閉じた。日本のスポーツ史に数々の名勝負を刻んできた国立競技場だが、そのウラ側は意外に知られていない。

 たとえば、トラックの真下に女子トイレがあることをご存じだろうか。しかもそこにあるのは、女性用立ち小便器(写真)。これは、東京五輪で海外の女子選手に配慮したものだが、好評だった五輪開催後はあまり使われることはなかった。

 また、普段われわれが座る観客席の下には1周650mのトラックがあったり、一般には公開していないプールまである。

 2020年の新たな五輪に向け生まれ変わる国立競技場。先月まで行なわれていた見学ツアーには多い日で7000人以上が訪れ、昭和のスポーツ遺産の最後を名残り惜しんだ。

写真■国立競技場

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国立競技場LIVE 3大テノール、SMAP、ラルク、ドリカム、嵐等
東京五輪聖火最終ランナー「責任の重さすごく感じた」と述懐
羽田~成田空港都心直結線整備事業 東京五輪に間に合わず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP