ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

根本的治療がない認知症 手術で治るタイプもあることが判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 根本的な治療のない認知症において最近、一部に“治る認知症”があることがわかってきた。

「歩行障害や尿失禁が併発している認知症の症状の場合、実は手術で治ってしまう可能性がある」

 そう話すのは、脳神経外科専門医の東京共済病院・桑名信匡院長だ。同氏が指摘するのは、iNPH(特発性正常圧水頭症)という病気によって引き起こされる認知症だ。発症原因は未解明なのだが、脳と脊髄の表面を循環する脳脊髄液が過剰になり、脳を圧迫して歩行障害や認知症を引き起こすというもの。iNPHにかかった患者は、80%が認知症の症状を来す。

 だがiNPHが通常の認知症と違うのは、手術によって「治る」ということだ。

「幸いiNPHは治療法が確立している。腰部を切開して行なう『L-Pシャント手技』という手術で、過剰な髄液を体内から抜き取ると症状は劇的に改善する」(同前)

 東京共済病院での手術例では、立つこともできなかった人が歩き出したり、声をかけても何の反応もなかった人が明るく会話を始めたりと、別人のように回復したケースさえあるという。

 問題は、iNPHは症例が少ないため、アルツハイマー病と誤診されるケースが多いことだという。

「認知症=アルツハイマー病という誤った認識は、医師の間でも根強い。何の効果もない治療を続けながら、薬の副作用などで、逆に体を壊してしまう恐れもある」(同前)

 桑名氏によれば、日本の高齢者全体の中で、iNPH患者は1.1%ほど存在すると推定されている。“治る認知症”が、見逃されてはいないか。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
認知症 もの忘れよりうつ症状や小銭貯め込みで発覚する場合も
物忘れや貧乏揺すり、遅刻等些細な症状に見られる大人のADHD

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP