ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

苦手意識を克服! いまさら聞けない職場の電話対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎日仕事をしていくなかでありがちなピンチのシーン、そんなときの上手な解決法を紹介します。

自分が受けた電話が、早口で聞き取れなかったり、要点を得ないメモになってしまったり。メールなら後で確認できますが、電話は切れたらそこでおしまい。
上手に伝言メモを残すには、どうすればよいでしょうか?
とにかくメモを取る
まずは、殴り書きでいいのでとにかくメモをとりましょう。自分だけにしか読めない文字でも、その後清書をすればOK。
あらかじめ「Tは折り返しこちらから電話をすること」など、自分で記号を決めておくとさらにスムーズです。
内容を復唱して確認する
メモをさらに確実にするには、内容を復唱すること。相手が早口で聞き取れなかったときにも有効です。
とくに名前は重要ですので、曖昧なときには「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせいただけますか?」と言って、再度うかがいましょう。
重要なことは、先方に再度質問する
メモを取るときに一番注意したいのは、先方の名前や時間、数字など。とくに時間は「15時」と「5時」などを間違えることも多いので、危うい場合には再度先方にうかがいましょう。
また「川」と「河」、「興行」と「工業」など、間違えやすい漢字にも注意を払えば、さらにワンランク上の伝言になります。
【これで解決!】電話機の右横に常にメモ用紙と筆記用具を

カウ坊の部屋
無料でダウンロードでき、要点を押さえて書き込めるようになっているので便利。裏紙に印刷すれば節約にも。


SHOP MOJIMOJI」Deng Onメモ
キーボードのすき間に挟んで立てかけられるため、散らかりがちなデスクで大事なメモが埋もれてしまう心配がない。
右利きの人の場合、受話器は左手で、メモは右手で取るのが基本。電話を取ったらすぐにメモができるように、電話の右脇にメモ用紙と筆記用具をワンセットにして、常に準備しておきましょう。
Vintage phone image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
取引先の名前が思い出せない! 大ピンチの切り抜け方
ONもOFFもつかえる! シンプルで機能的なレインシューズ
つかい分ければ印象UP! ポジション別オフィスファッションコーデ

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。