体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三代目 J Soul Brothers、約40万人を動員したライブ映像の一部を公開!

6月25日発売の『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014「BLUE IMPACT」』LIVE DVD& Blu-rayの商品映像が一部公開された。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE  (okmusic UP's)

今作は三代目 J Soul Brothersが2014年1月から全国13か所34公演を行ない、約40万人の人々に熱狂と感動を届けた『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014「BLUE IMPACT」』の、2月26日、27日に開催した横浜アリーナ公演の模様を収録したライブ映像作品。

「花火」「冬物語」「Best Friend’s Girl」など人気曲の他、ボーカルの今市隆二が初の作詞に挑んだ「PRIDE」を始め、「SO RIGHT」「Dynamite」などライブ初披露曲も多数収録された全28曲入りの超豪華内容となっている。

さらに、DISC-2には、60分を超えるスペシャルツアードキュメントムービーが収録。メンバーの仲間に対する熱い想いや、ツアーの軌跡をスペシャルインタビューと共に見ることが出来る。そして、初回盤には80Pものスペシャルフォトブックレットも付いてくるので、まさにこの一枚で三代目 J Soul Brothersの“今”を余すことなく体感できる内容と言えるだろう。ライブに行けなかった方はもちろんのこと、ライブに行くことができた方もマストバイのアイテムだ。

また、彼らは6月25日の同日にニューシングル「R.Y.U.S.E.I.」のリリースも予定している。2014年、春夏秋冬をテーマにリリースを予定している三代目J Soul Brothersの第2弾シングルとなる今作は、”夏”をテーマにした作品で、タイトルの「R.Y.U.S.E.I.」という名の通り、夏の暑さも吹き飛ばす、爽やかで疾走感溢れる一曲。初のロサンゼルスでの撮影が行なわれたミュージックビデオも、非常にカッコいいと評判で、動画共有サイトYouTubeでは、公開後わずか10日にして100万回再生を突破するなど、その驚異的な視聴スピードが大きな話題を呼んでいる。まだ見ていない人は、こちらも是非チェックしてみよう。

Blu-ray&DVD 『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014「BLUE IMPACT」』60秒SPOT
https://www.youtube.com/watch?v=p9hsRwNOkp4

「R.Y.U.S.E.I.」MV
http://www.youtube.com/watch?v=4-Gw0TAM6-Q

Blu-ray&DVD 『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014「BLUE IMPACT」』
2014年6月25日発売
【Blu-ray】
RZXD-59633~4/¥5,800+税
【DVD】
RZBD-59635~6/¥4,800+税
<収録内容>
■DISC-1
Opening
JSB Blue
Be alright
Higher
FIGHTERS
SPARK
Forever Together
君となら
冬物語
Best Friend’s Girl
SO RIGHT
Waking Me Up
花火
LOVE SONG
旅立つまえに
次の時代へ
PERFOMERS SHOW TIME !
Medley ~T.T.T. (Top to Toe), Japanese Soul Brothers, 1st Place, GENERATION, LET’S PARTY~
Dynamite
(YOU SHINE) THE WORLD
君の瞳に恋してる -Can’t Take My Eyes Off You-
Go my way
-ENCORE-
BURNING UP
24karats TRIBE OF GOLD
PRIDE
■DISC-2
三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014 「BLUE IMPACT」
SPECIAL DOCUMENT MOVIE

※収録内容は、Blu-ray / DVD共通です。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。