体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テックとファッションの融合!自然な撮影が可能なウェアラブルカメラ

Newviewwear

テクノロジー業界で「ウェアラブル」は最近のキーワードになっているが、このほど登場した「NewViewWear」は、名称にある通り“着るタイプ”の小型カメラだ。

というのも、専用のシャツやパーカーにカメラを“セット”すれば、用意されている穴から撮影ができるというもの。日常を自然な形で撮影したり、さかのぼって映像を保存したりすることができる。

カメラがどれくらい小型かというと、5×3.6センチ、厚さ1センチ。レンズは広角の100度で、マイクも内蔵している。

撮影するにはカメラを2回タップすると写真撮影、3回タップするとビデオを撮れる。アプリでも操作は可能だ。

撮影データはワイヤレスでスマートフォンのアプリに送信されるが、マイクロUSBケーブルでPCに取り込むこともできる。

主な撮影機能は以下の通り。

・低速度写真撮影

・自動低速度ビデオ撮影

・ループ撮影(古いデータを消去しながら撮影する)

NewViewWear2

一方、用意された服は、ポロシャツ、フリース、パーカーの3種類。カメラを収めるポケットにはレンズがのぞく穴がある。服のスタイルやサイズ(S〜XL)は選べる。

資金調達サイトIndiegogoでのキャンペーンでは服とカメラのセットが189ドル、カメラのみだと149ドルで入手できる。米国外への発送はプラス30ドルで対応する。

キャンペーン(6月30日まで)では資金を集めるとともに、どのタイプの服の需要があるのかも見極めることにしているが、スポーツウェアなど違ったタイプの服の追加も予定しているという。

NewViewWear/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy