ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

the brilliant green、セルフカバーベストに新曲収録&7年ぶりにフェス出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


the brilliant greenが7月23日にリリースするセルフカバーベストアルバム「THE SWINGIN’ SIXTIES」に新曲の収録が決定した。

新曲「A Little World」は、アルバムタイトルである「THE SWINGIN’ SIXTIES」をイメージして今作のために書き下ろされた新曲。全編英詞でポップな1960年代のブリティッシュ・ロックを彷彿させる楽曲になっている。

そして、アルバムのマスタリングを手掛けるのは、Stephen Marcussen。数々のグラミー賞アーティストを手掛け、ポール・マッカートニー、ニルヴァーナ、ローリング・ストーンズ、Red Hot Chilli Peppers、R.E.M、BECKなど数々のロックスターの名盤を担当。

また、現在、「A Little World」のMUSIC VIDEOを制作中。そして、このMVを収録したDVDが全国のCDショップのブリグリ応援店にてCD購入者対象の特典に決定。詳細は後日発表となる。

同時にジャケット写真も公開。イラスト&デザインを、今、若者に絶大な人気を得ている話題のイラストレーターFOXY illustlationsが手掛けている。初回プレス盤は7inchジャケット仕様になっており、デザイン共に、アルバムのテーマ1960年代がコンセプト。ジャケットでは、vo.川瀬智子が着物をはおり、60’s風な女の子のイラストとコラージュされ、ヴィンテージな雰囲気に仕上がっている。

尚、作曲の奥田俊作は今後、メンバーでありながらも川瀬の別名義プロジェクトTommy february6とTommy heavenly6同様、表舞台に立たない。プロデュース業に専念するとのこと。

そして、今年、ROCK IN JAPAN FES.2014に初出演が決定。7年ぶりのフェス出演となる。

リリース情報
セルフカバーベストアルバム「THE SWINGIN’ SIXTIES」
WPCL-11718 3,000円+税
※初回プレス盤のみ7inchジャケット仕様
収録曲(全11曲収録)
1.There will be love there〜愛のある場所〜(from 1st Al「the brilliant green」)
2.冷たい花(from 1st Al「the brilliant green」)
3.You & I(from 1st Al「the brilliant green」)
4.Rock’n Roll(from 1st Al「the brilliant green」)
5.Hello Another Way-それぞれの場所-(from 3rd Al「Los Angeles」)
6.Stand by me(from 15th sg「Stand by me」)
7.Bye Bye Mr.Mug(from 1st sg「Bye Bye Mr.Mug」)
8.そのスピードで(from 2nd Al「TERRA2001」)
9.Blue Daisy(from 5th Al「BLACKOUT」)
10.長いため息のように(from 2nd Al「TERRA2001」)
11.A Little World(新曲)

CD購入者オリジナル特典
the brilliant green応援店 オリジナル特典
「A Little World」DVD
対象店にて「THE SWINGIN’ SIXTIES」をお買い上げのお客様に先着で特典DVDを配布する。特典には数に限りがございます。
特典対象店:後日、ウェブサイトにて発表

ライブ情報
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
2014年8月3日(日)茨城県 国営ひたち海浜公園 開場8:00 開演10:30
http://rijfes.jp

関連リンク ■the brilliant green Official Sitehttp://thebrilliantgreen.info/thebrilliantgreen/
■the brilliant green Twitterhttps://twitter.com/TOMMY_ARMY
■the brilliant green Official YouTube Channelhttps://www.youtube.com/user/thebrilliantgreenTV

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP