ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Chrome Remote Desktopがv36にアップデート、Immersiveフルスクリーンモードに対応し、表示領域が拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのAndroid向けリモートデスクトップクライアント「Chrome Remote Desktop」がv36(36.0.1985.39)にアップデートされました。今回は、前回のv35からのメジャーアップデートとなっており、Android 4.4(KitKat)で利用可能な「Immersiveフルスクリーンモード」に対応しました。Immersiveモードに対応したことで、以前はフルスクリーンモードにしても表示されていたステータスバーが非表示になり、表示領域が拡大します。Immersiveモードでは、画面の上部または右端を軽く内側にスワイプするとステータスバーとナビゲーションバーが表示されるので、フルスクリーンモードをOFFにしなくても通知を確認したり、戻るなどの操作を行うことができます。「Google Remote Desktop」(Google Playストア)、APKダウンロード



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z1、Xperia Z Ultra、Xperia Z1 Compactに「14.3.A.0.761」ビルドへのアップデートを配信開始
ソフトバンク、人工知能を持つヒト型「Pepper」を開発、2015年2月に198,000円で発売へ
Samsung WatchOnアプリがv1.2.01.14にアップデート、Gear Fitからの操作に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。