ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球16球団構想 新4球団の名称、本拠地と親会社を推測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自民党・高市早苗政調会長が本部長をつとめる日本経済再生本部がまとめた「日本再生ビジョン」が話題だ。なかでも地域活性策のひとつ「プロ野球16球団への拡大プラン」には大きな注目が集まっている。そのなかで静岡県、北信越、四国、沖縄県がプロ野球空白域としてあげられたが、具体的に、4球団はどのようなものとなれば面白いか。各地域の有力企業を中心に、本誌が勝手に推測してみた。

◆琉球オリオンシーサーズ

 まず沖縄だ。近年は実に離島も含めると10球団がキャンプ地として沖縄を利用。那覇空港の近く、巨人がキャンプ地として使用する「沖縄セルラースタジアム那覇」はナイター設備もあり、プロ野球の公式戦も行なわれている。

 多くのプロ野球選手を輩出し、毎年甲子園を沸かせる名門校があることから、地元出身の人気選手で固めることも可能。そんなチームはぜひ、沖縄を象徴する飲料メーカー「オリオンビール」に持ってもらいたい。球団名は、災いを遠ざけるという伝説の獣、シーサーから取ってみた。

◆四国大王製紙ノボールズ

 言わずと知れた野球王国・四国。2005年に始まった独立リーグの「四国アイランドリーグ」が存在し、愛媛・松山には、両翼99.1メートル、センター122メートルで3万人を収容する堂々たる「坊っちゃんスタジアム」もある。

 もとより松山は、ベースボールを愛した俳人・正岡子規を生んだ地。子規は幼名「のぼる」から、「のボール=野球」という雅号を用いたのはあまりにも有名な話だ。これにあやかってチーム名はノボールズ。球団は女子ゴルフを主催するなどスポーツに造詣の深い、地元を代表する大企業・大王製紙にお願いしたい。

◆北信越コマツゴジラーズ

 北信越にも新潟、長野、群馬、富山、石川、福井の各県が参加する独立リーグの「BCリーグ」がある。さらにこの地域には、各地に立派な球場が点在しているのが特徴。例えば新潟には新潟アルビレックスが本拠にしている「HARD OFF ECOスタジアム新潟」、富山には「富山市民球場アルペンスタジアム」という、それぞれ3万人収容の立派な球場がある。

 これらを有効利用する意味も込めて、東北楽天のような地域球団として命名。そしてこの地域で野球といえば、何といっても石川出身のメジャーリーガー・松井秀喜氏である。巨人ではなく、ぜひ地元の新球団の監督をお願いしたいから、球団名もゴジラーズ。スポンサーには、彼がCMに出演しているコマツでどうか。話題、集客能力はピカイチのはずだ。

◆静岡ヤマハレジェンズ

 最後に静岡。サッカーのイメージが強いが、実は野球も負けてはいない。複数のプロ球団が主催試合を行なう「県営草薙球場」は昨年、天然芝で両翼100メートル、センター122メートルの姿にリニューアルされた。ここは、プロ野球が創設される以前の1934年12月に、あの沢村栄治が大リーグ選抜チームと対戦し、ベーブ・ルースらから9三振を奪った聖地でもある。

 その伝説の地で産声を上げる球団は、その名もレジェンズ。サッカーやラグビーなど、スポーツに力を入れる地元の大企業・ヤマハに運営を依頼したい。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
王貞治氏がおかわりした生家の味再現 ヤフードームの肉そば
ヤフオクドームで活躍中の美声のウグイス嬢3人の素顔を公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP