ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供に教える変化球 カーブよりスライダーやツーシーム優先

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通常、30年も経てばスポーツの常識はガラリと変わる。「練習中に水を飲んではいけない」とスポーツ全般で言われていたが、野球においてもそれは例外ではない。かつてピッチャーは「肩を冷やすな!」といわれたものだが、現在ではピッチング直後のアイシングは肘・肩ケアの必須項目だ。

 また、昔は、変化球といえば「カーブ」だった。投手が最初に覚えるのもこの球。しかし今や学生野球では「カーブは最後に覚える球」だ。

「カーブは、手首をひねる角度が大きく、直球と同じ腕の振りで投げることが難しい。最近では子供たちに教えるのは、スライダー、ツーシーム、チェンジアップなど、ストレートと同じ腕の振りで、握りだけ変えれば投げられるものからです」(関東の名門高校野球部監督)

 これは逆にいえば、いいカーブを投げられる投手が少なくなっているということ。最近、ダルビッシュが積極的にスローカーブを取り入れているのは打者を欺く意味もあるだろう。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通算201勝の平松政次 カーブ習得で「あと40~50勝できた」
金田氏「ツーシーム?なんだそりゃ」「最近のカーブは酷い」
清原和博氏 「伊良部のストレートが一番速かった」と述懐

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP