体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Especia、梅田クラブクアトロで魅せたフル・バンド・ワンマンーーOTOTOYライヴ・レポート

Especia、梅田クラブクアトロで魅せたフル・バンド・ワンマンーーOTOTOYライヴ・レポート

2014年6月1日、堀江系ガールズ・グループEspeciaが、梅田クラブクアトロで、フル・バンド・ワンマンを行なった。そのときの熱狂の様子を、現地に足を運びライヴを体験したライターがレポート。写真とともにお届けする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AORやディスコ、歌謡曲あるいはショッピング・モールBGM的な要素を、ときにべったべたに、ときに新鮮なポップスとして鳴らす楽曲、観客席に乱入してハイタッチして回るフレンドリーなパフォーマンスなどが話題の堀江系ガールズ・グループEspecia。2013年5月の梅田クラブクアトロでのフル・バンドのワンマンをはじめ、今年1月の代官山ユニットでのマセラティ渚(LUVRAW + Pellycolo)とのコラボレーション・ライヴなど、この一年間でバンド・セットでのライヴも多く経験してきた。

そしてちょうど結成2周年となる6月1日、直前の5月28日にリリースされた1stアルバム『GUSTO』を引っさげて、梅田クラブクアトロにて2度目となるフル・バンド・ワンマン〈Viva Discoteca Especia 2014〉を開催。バンドは昨年と同様、ギター、ベース、ドラム、キーボード、パーカッション、サックス、トランペット、コーラスの8人編成。ゆっくりと回るミラーボールが光を散らすクアトロで開かれたパーティーはあまりにも贅沢なものだった。

インストの「AMARGA」とともに登場したEspecia。「ナイトライダー」のファンキーなイントロから会場は歓声とコールに包まれる。畳み掛けるように「パーラメント」「オレンジ・ファストレーン」「きらめきシーサイド」と初期の代表曲が連発される。平岡タカノリによる手数が多くタイトなドラムに、鳴りまくる池田安友子のパーカッションと、ぶいぶいとフックする角谷光敏のベースが絡みつくリズム隊のグルーヴが強靭で、その上をいきいきとEspeciaのメンバーがパフォーマンスしていく。会場はあっという間に熱気にまみれたダンス・フロアに。「盛り上がる準備はできていますか! 覚悟しとけよー!」とMCで叫ぶ森絵莉加などメンバーのテンションも既に上がりきっている。普段のMCでは言葉数少ない杉本暁音も「楽しい二周年記念ライヴにしたいと思うのでよろしくお願いします」とコメントし、再開。

原曲に近いイントロから始まった「トワイライトパームビーチ」は早川一平による伸びやかなサックスがこれでもかと吹かれる。後半のサビで演奏が急に途絶えアカペラになる展開はここ最近のライヴでもやっていたもの。6人が向かい合って歌うのに合わせ観客も合唱。そこからバンド演奏が再開する様に歓声が上がる。昨年12月の阿倍野ROCKTOWN、1月の代官山とリズム・マシンのオケに乗せて既に一部バンド・セットで演奏されていた「雨のパーラー」はフル・バンドでは初。シンプルなリズムをサックスが微分していくような原曲に比べ、ファンキーなベースとパーカッションが中心に置かれムーディーなR&Bといった雰囲気。一度「Interlude」を挟み、始まったのは「不機嫌ランデブー」、だったが、最初の間奏で「アバンチュールは銀色に」のサビに突入。トークボックス・パートのコーラスを観客が歌っている内に今度は「海辺のサティ」へ。Aメロからサビ、その後のダンスパートと続き、更に「くるかな」に移行。ここでやっと新作『GUSTO』の収録曲が登場。脇田もなりがソロを歌いながらぴょんと跳ねるキュートな曲でメドレーは終了。

ライヴは1時間を経過したところ。「Intro」演奏後、この2年間を振り返るMCへ。彼女たちの拠点大阪での最大の動員となる400人以上が集まったクアトロの光景に即涙を流す脇田もなり。三瀬ちひろは、何も知らないところからEspeciaを聞いてくれたファンとそれを作り上げる関係者に感謝をはっきりと述べる。2年目に入りリーダーとして思い悩んだことから自分を見つめ直し、メンバーや家族、スタッフ、ファンへの感謝を伝える冨永悠香。脇田もなり以上のスピードで泣き出す三ノ宮ちか。直前に足の指を骨折してしまい踊ることができるか不安だったことに触れ「そんな時に限ってお母さんポリープなって声出んくなるし、治りかけたと思ったらお父さん痛風なるし…」と泣きながら笑いもしっかりとる。

ここからは『GUSTO』収録曲が続く。まずは、ムーディーなバラード「Bay Blues」。得意なダンスとともに徐々にソロ・パートを増やしてきた三瀬ちひろから、メンバー一人ひとりがしっとりと歌い上げていく。「アビス」はカッティング・ギターとグルーヴィーなリズム隊の上をユニゾンするトランペットとサックスが映え、多幸感のある演奏に。最後は『GUSTO』のリード曲「No1 Sweeper」。各メンバーのソロ・ダンス、間奏でのバンド・メンバーの各自ファンキーなソロから流れるように脇田もなり、冨永悠香の落ちサビ、メンバー全員での歌唱へと続いていく。ライヴは最高潮のまま一旦終了。歓声がやまない中、バンドとともに再度登場し、「X・O」からアンコールがスタート。続く「YA・ME・TE!」はシングルよりもリズムが強調されるとともに井上敦之によるトランペットが一曲通して前面に。パワフルな間奏のトランペット・ソロから突入した、冨永悠香のソロはこの日一番の気持ちの入った歌唱。歓声とコールはどんどん大きくなっていく。その勢いのまま「ミッドナイトConfusion」へ。フロアは〈eyes on me〉の大合唱。演奏終了後、Especiaとバンド・メンバー全員で挨拶しアンコールは終わり。鳴り止まない歓声にEspeciaのメンバーが再登場。会場全体をファンが配った青のサイリウムの光が埋め尽くす中、「Twinkle Emotion」と「ミッドナイトConfusion (Pureness Waterman Edit)」を披露。アルバム用の新Edit向けに一新された振り付けに合わせ、森絵莉加の掛け声とともに右へ左へと揺れるフロア。最後は再び〈eyes on me〉の大合唱でライヴは終了。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。