ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ベンチャー企業」で働くのは親不孝? 子どもに望む就職先で「ダントツ最下位」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活生の親を対象としたアンケートによると、子どもが「設立間もないベンチャー企業」を就職先として望んだ場合、「反対する」と答えた親が27.9%にのぼったという。次に反対の多かった「無名の中小企業」の10.5%に、大差をつけてのワーストだ。

一方、「賛成する」就職先では、1位が「地方公務員」で66.3%。次いで「国家公務員」「有名な大企業」「有名な中小企業」「無名の大企業」「無名の中小企業」と続き、「設立間もないベンチャー企業」は11.0%にとどまっている。

ホリエモンも嘆息「そんな考え方なのか」
調査はマイナビとイードが、過去3年以内に子どもが就職活動をした保護者555人を対象に実施。「親の意見に左右されやすい」といわれる最近の若者に、公務員や大企業志向が強い背景が垣間見られる。

この結果に対し、社会人からは「情けない」という声が相次いでいる。学生時代にベンチャー企業を設立した堀江貴文氏は、ツイッターに、

「なんというか、この保護者とおれ(41歳)ってたいして年齢変わんないんだよな。そんな考え方なのか。馬鹿過ぎ」

と厳しくコメントしている。「ベンチャー反対」は父親よりも母親の方が高い割合を示しているが、ビジネス社会の変化を肌で感じていない主婦の意見を、就活生が重視するのは危険で合理的ではない、という声は少なくない。

公務員を志向することのリスクを指摘する人もいる。ニュース共有アプリ「NewsPicks」のコメント欄では、世界銀行でリサーチアナリストとして働く西田一平氏が、

「公務員が安定してると大衆が考えてるのが怖い。事務スキルくらいしか持たない公務員(キャリア官僚除く)が、何かあって転職市場に流出したとき、彼らの市場価値がどの程度なのか考えた方が良い。現代の安定は、所属組織でなくスキルへの需要ベースで考えるべき」

という意見を表している。ツイッターには、30代の事務系公務員が転職エージェントに登録しても、「そのキャリアでは紹介する企業はない」とメールで返信され、キャリアカウンセラーに会ってもらうことすらできない、と投稿する人もあった。

日本創世会議・人口減少問題検討分科会は、国全体の出生率を上げても「地方自治体の半分は消滅するおそれがある」という推計を発表している。地方公務員を推す親の世代は、このような情報を踏まえ、本当に子どもの将来を考えてアドバイスできているのだろうか。

ベンチャー経験が「給与アップにつながった」という人も
一方で、親の大企業志向を肯定する意見もある。グロービス・グループ代表の堀義人氏は「僕が親だったら、1位はやっぱり大企業(商社)かな」という意見だ。

「商社ほど、グローバルなビジネスに触れる機会が豊富な業種は、無い気がする。最近は商社を超越して、事業会社になったしね。投資銀行よりも業界・経営に精通しているし、しかも免許事業じゃ無い。強い!」

ベンチャー企業経営者の古川健介氏は、「わはははは!こういう日本だからベンチャーの敷居が低くて、起業した人は得してると思う」と、ベンチャー不人気を意に介さない。

キャリコネ編集部では、20代半ばでベンチャー企業の創業に携わった男性会社員(30歳)を取材した。新卒で入社した会社を辞めて「設立間もないベンチャー」に転職したとき、「親には反対された」が、その経験はいまに生きているので後悔していないという。

「設立間もない少数精鋭のベンチャーでは、1人で何でも仕事をこなさなければならないんです。でも、若いうちから顧客との交渉やチームのマネジメントなどを経験したことが、その後の転職先でも大きな糧になっていますし、給与アップにもつながりました」

とはいえ、仕事のきつさに耐えられず、数ヶ月辞めてしまう人がいたのも事実だ。男性は、自分がベンチャーに合うかどうかは「働いてみないと分からないところがある」という。

「安定」を動機に就職先を決めるのはリスキー?
大手人材紹介会社の転職コンサルタントによると、新卒時に「安定して長く働ける仕事」という動機で、地方銀行や信用金庫に就職した人たちが、入社数年で転職市場に流れ出ているという。

理由は、地方の人口減の影響で、各社で「会社の事業に将来性がない」という中期試算が出ているため。20代のうちに飛び出せば、経験を生かした転職先はあるが、30歳を過ぎると「過去の経験や習慣が足かせになって」会社にしがみつかざるを得なくなるという。

せっかく新卒カードを持っているなら、一度は大手企業を経験してみるのもいい。しかし今後の日本社会で、安定を望むことは難しそうだ。ならば転職を前提とし、自分なりに「時代ごとの波に乗ったキャリア」を考えた方が、職を失わずに済むのではないだろうか。

あわせて読みたい:グローバル時代に「儲けるすべが見当たらない」メガバンク

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP