ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1974年放送の伝説のドラマ『SFドラマ 猿の軍団』DVD-BOX発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 円谷プロダクション制作の、異色のSFアドベンチャー『SFドラマ 猿の軍団』(1974年)のDVD-BOXが「復刻 円谷TVドラマライブラリー」より8月8日リリースされます。

【関連:39番目のウルトラマンも登場!ウルトラマン新シリーズ『ウルトラマンギンガS』7月スタート】

SFドラマ 猿の軍団
 『SFドラマ 猿の軍団』は、1973年に大ヒットした映画『猿の惑星』がテレビ放送され、当時37.1%の高視聴率を記録したことを受け制作されたドラマ。
物語は、タイムスリップして猿が支配する世界に飛び込んだ人間たちの苦難と味方する猿との感動的な交流を描いたものです。

 本作のスタッフは、原作は日本SF界を代表する小松左京、田中光二、豊田有恒のそうそうたる顔ぶれ。メイン監督に『緊急指令10-4・10-10』『ウルトラマンタロウ』の深沢清澄、『仮面ライダー』シリーズの奥中惇夫が参加。脚本は『スターウルフ』『恐竜探険隊ボーンフリー』の阿部桂一らという、SFファンなら誰もが唸る豪華メンバーが集結しています。

 人気題材に豪華スタッフと、放送当時も注目を集め、作品としては高評価を得ていましたが、裏番組に『アルプスの少女ハイジ』と『宇宙戦艦ヤマト』があったため、視聴率では苦戦。そのため、リアルタイム世代以外には以降、あまり知られる機会がなく、SFファンの間では「伝説の作品」とも言われています。

 8月8日に発売される『SFドラマ 猿の軍団』DVD-BOXは、価格18,000円(税抜)。レンタルも同日から順次開始されます。

SFドラマ 猿の軍団
SFドラマ 猿の軍団

SFドラマ 猿の軍団
SFドラマ 猿の軍団

<キャスト>
徳永れい子、斉藤浩子、梶正昭、潮哲也、畠山麦、大前均、滝田一恵、団巖、高島洋、石川敏 ほか
ナレーター:山田俊司

(C)円谷プロ

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。