ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG G WatchはSnapdragon 400を搭載、流出したシステムダンプからシステム情報やAndroid Wearのブートアニメも明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGのAndroid Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch」のシステムダンプが流出し、システム情報やブートアニメーションなどの端末情報が明らかになりました。システムダンプに含まれているbuild.propによると、LG G Watchは“platina”/“dory”のコードネーム/デバイスネームが付与されており、「Android 4.4W」という独自バージョンのAndroidを搭載しています。“W”はWearの略なのでしょう。また、build.propの記述で「MSM8226」プロセッサを搭載していることが確認されました。MSM8226はSnapdragon 400のクアッドコア版です。パフォーマンス的にはミッドレンジクラスのAndroidスマートフォンと同レベルと推測されます。システムダンプにはブートアニメーションも含まれており、Android Wearの起動時に表示されるアニメーションを確認できます。システムダンプのほか、Android Developers Blogでは、LG G Watchの一部のUIが公開されていました。Source : MegaYouTubeAndroid Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
ジャパンディスプレイ、7インチWUXGAのタブレット向けホワイトマジック液晶パネルを開発
Xperia Z3はスリムベゼル & 7mm厚で、新デザインを採用しているという噂、7インチ~8インチのタブレットも発売か?
Huawei MediaPad M1 8.0(S8-301wf)が技適を通過

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP