ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コブクロ、初の360°センターステージツアーがスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【ライブレポート】コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR 2014 “陽だまりの道”」6月3日大阪城ホール公演

5月17日の広島公演を皮切りにスタートし、名古屋公演を経て、本日は結成の地である大阪、ここ大阪城ホールにて5回目の公演。大阪城ホールでは2011年のツアー以来実に3年ぶりのライブ。

会場に入るとまず目に付くのは、アリーナ中央にどっしりと構え大きな存在感を放つ円形のステージ。今回のツアーはコブクロ活動16年にして初のセンターステージツアー。円形ステージの上部に供えられたモニターには360°映像が映し出され、更にステージからは客席に4方向に花道が伸びている。お客さんとの距離がとにかく近く、どこからでも2人を近くに見ることができる上に、そのステージは360°回転し、お客さんはどの方向からでも楽しむ事ができる。

ステージに立った2人は、「センターステージだと大阪城ホールじゃないみたい。」と驚きながら、「お客さんが近い!!」「見えてるよー!」とお客さんとの親密な距離感を楽しみ、「お客さんとの距離を一番近づける方法は、これだという事にやっと気づいたんです。一番近くで届けたくて」と語り、お客さんからは「ありがとう!」「近くて最高―!」といった声援が多数上がった。

小渕のファッションをいじり倒す黒田に、負けずと受け答えする小渕。大阪ならではの「甲賀流たこ焼き」の話しで盛り上がったりと、ステージ上を、花道を、2人は縦横無尽に動き回り、ステージをはさんでお互いが見えない位置にいるはずなのに、掛け合いのテンポが変わらない。まさに16年で築き上げた2人の絆の深さが伺える。

「ストリートのテーマ」ではお客さんとの一体感を最高潮までもっていき会場中を大熱狂に包みこみ、大ヒットシングル「流星」は、聞き入るファンにしっとりと歌い上げ、ソチオリンピックでコブクロの代表曲となった「今、咲き誇る花たちよ」はダイナミックに披露。そして、最新シングル「陽だまりの道」を披露した際には、涙を流すファンも。パフォーマンス後には会場中が暖かい拍手で包まれた。

大阪城ホールに集まったお客さんは約1万2千人、2日間で合計2万4千人。明日も大阪城ホール公演、その後横浜、台湾、福岡、埼玉、と続き、最終公演はまたここ大阪へ戻り、京セラドーム公演2DAYSで締めくくる。

ツアータイトルとなっているニューシングル「陽だまりの道」は、本日6月4日にリリースだ。

関連リンク ■コブクロ オフィシャルサイトhttp://kobukuro.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP