ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遠藤保仁が語るW杯ギリシャ戦攻略法「縦パスを多用すべき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月12日に開幕するサッカーW杯ブラジル大会。ザッケローニ監督率いる日本代表が、グループリーグ初戦のコートジボワール戦を終えて、第2戦(20日)で対戦するのが、FIFAランク10位のギリシャだ。

 ギリシャの伝統は「堅守速攻」。欧州予選では12試合で6失点と「堅守」をベースに、1-0での勝利が6試合と最低限の得点で予選、プレーオフを勝ち抜いた。決定力のあるストライカーを抱え、セットプレーにも強く、先制を奪い守り切るというサッカーを目指す。

 しかし、主力選手のコンディションに不安があり、チーム力は日本の方が上。縦パスを活かして先に点を奪えば日本にも勝機がある。

 ギリシャ相手に日本はどう戦うか。日本代表メンバーの中で最多出場記録を持つ、遠藤保仁(ガンバ大阪)は、こう見ている。

「ギリシャとは2005年のコンフェデレーションズカップでの対戦経験があり、前半から押し気味に試合を進め1-0で勝利している。日本と同じように組織で守り、できるだけ失点を少なくして、数少ないチャンスをものにして勝つチームとの印象がある。

 W杯でもこのようなロースコアの展開が予想できるが、守備の堅いチームの攻略は縦パスを多用し、FWが堅守を切り崩していくこと。また、ギリシャにはチーム全体に長身で体格のよい選手が揃っており、セットプレーは警戒が必要だろう」

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
ギリシャ危機に対処するEU首脳に関するジョークを3つ紹介
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。