ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

低視聴率 TBSは半沢病、フジはキャスティングありきで失敗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長らく“万年4位”だったテレビ朝日は、挑戦的で独自性の高い番組作りに取り組み、昨年民放ナンバーワンの視聴率を達成したのもつかの間、今年4月、『相棒』など刑事ものに頼りすぎた編成があだとなり、また4位に逆戻りした。
 テレ朝が“相棒病”ならTBSは“半沢病”に罹っているようだ。
「昨年大ヒットした『半沢直樹』の手法を踏襲した『ルーズヴェルト・ゲーム』は上層部の意向というよりも、半沢をヒットさせた演出の福澤克雄さんの意見が強く反映されている。局内でも“二番煎じ”などといわれていますが、結局はヒット作を生み出した福澤さんに頼るしかない。ヒット作品、ヒットメーカー頼みになってしまっている」(TBS社員)
 フジテレビの低空飛行は相変わらず。月9ドラマとしては珍しい“非恋愛系”で挑んだ『極悪がんぼ』だが、初回から7話までの平均視聴率は10.4%と、同枠の過去最低視聴率を記録した。7話は8.6%と下降線をたどっているだけに、さらなるワースト記録の更新は確実な情勢だ。香取慎吾主演の『スモーキングガン』に至っては5%台と惨憺たるありさま。フジテレビ社員が吐き捨てる。
「キャスティングありきのドラマ作りから全然抜け出せていない。大手の事務所から“このタレントを起用してくれ”といわれたら断われない。先にキャストを決めて、そのあとにストーリーを決める。いい脚本や原作でドラマを作ろうという気がないんです。亀山(千広)社長もこうした“悪しき文化”を断ち切れていない」
※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日テレ木村優子アナ出向 女子アナのタレント化で局と対立か
吉高由里子は「酒入るとサイコー、可愛い、男前」と芸人証言
視聴率低迷テレ朝社員「相棒で成功し相棒で失敗した」が口癖

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP