ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽田空港で働くJALのCAさんがオススメする不思議なラーメン『天鳳麺』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京の空の玄関、羽田空港。旅行者だけでなく、羽田空港で働く人々は空港内のどこかで必ずランチを食べています。

そんな羽田空港には第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナル、そして国際線ターミナルと3つのターミナルがありますが、多くのJALのCAさんが勤務するのが、第1旅客ターミナル。

その第1旅客ターミナルで働く人やCAさんがオススメするのが、天鳳の『天鳳麺』。なぜオススメされるのか、その秘密を探ってみました。

天鳳麺独特のミソあんかけと醤油スープのハーモニー
まず天鳳麺とは、スッキリ醤油スープのラーメンの上に、ミソ仕立ての八宝菜が乗っている、というラーメンだということ。ミソのコクとスッキリ醤油スープのハーモニーが病みつきになる味だと思いました。たっぷり野菜の八宝菜は、正確で安全な運行が求められる空港職員の健康を支えるスタミナ食なのかもしれません。

スピーディーな提供
個人的な感覚ですが、天鳳麺はオーダーしてから着丼までの時間が非常に短いと感じました。正確で安全な運行が求められる忙しい空港職員に、健康的でスピーディーな食事を用意することで、有意義なランチタイムを提供しているのかもしれません。

酢を入れると爽やかに楽しめる味
ミソ仕立ての八宝菜は食べ進めると少しコッテリ感を感じるようになります。その時に活躍するのが卓上にある酢。常連さんの所作をしっかりとウォッチしていると、やはり麺半ばになると酢を投入していました。真似をして酢を投入すると、コクを感じながらもスキッとした酢の爽快感でサッパリと完食できます。

もし羽田空港第1ターミナルを訪れる機会があったら、羽田空港で働くJALのCAさんがオススメするという天鳳の『天鳳麺』を1度はチャレンジしてみてもいいのかもしれません。ただし、こちらは空港というくくりでのみ成立するお店だと思います。

お店の情報
お店の名前: 天鳳 空港
住所: 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル 北ウイング B1F
営業時間:9:00~20:00(L.O.19:45)
定休日: なし

by taka

▼ 天鳳麺の近影。野菜たっぷりの餡がかかっています。

▼ 麺、リフト・アップ。湯気で画像が少しボヤけています。アッツアツ!

▼天鳳のメニューはこちら。

▼場所はAir ローソンのとなりです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP