ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【WWDCまとめ】色々発表されたっぽいけど、結局俺らに関係する情報ってなによ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【WWDCまとめ】色々発表されたっぽいけど、結局俺らに関係する情報ってなによ?
WWDC 2014では主に「OS X Yosemite」と「iOS 8」が発表された。
日本時間、6月3日午前2時から、Appleのデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2014」が開催された。

「WWDC」と言えば、毎回、基調講演でAppleの新製品や新サービスを発表する場として知られている。

今までにも「iPhone 3G」や「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」などの革新的製品が発表され、世界中を驚かせてきた。

もちろん今回の「WWDC 2014」でも、一体どんな発表が飛び出すのか、世界中のAppleファンから注目を集めていた。

しかし2014年度は、新しいソフトウェアやプログラミング言語の発表だけが行われ、期待されていた「iPhone 6」などの新製品が1つも発表されなかった。TwitterなどのSNS上では、落胆する声とともに、これこそデベロッパー向けイベントに相応しい内容という声も多数見受けられた。

で、結局オレらに関係する情報は?

そんなデベロッパー向け情報ばかりが発表された「WWDC 2014」だが、直接ユーザーに関係する新機能にはどんなものがあるのか。以下、簡単にまとめてみたので参考にしていただければ幸いだ。

Mac OS X Yosemite

OS X Yosemite「ヨセミテ国立公園」の写真がメインビジュアル/AppleのWebサイトより

今回発表された中で、ユーザーに関係するのは大きくわけて2つ。まず最初に、次期Mac OS Xとなる、Mac OS X v10.10に関する発表を紹介していこう。

OS Xの開発コード名は、以前はネコ科の動物がコードネームとして使われていたが、現行OSの「OS X Mavericks」からアメリカの地名が命名されるようになった。今回、「OS X Yosemite」は、カリフォルニア州にある「ヨセミテ国立公園」より名付けられたようだ。

正式版のリリースは2014年秋を予定。Mac App Storeから無料で提供されることになる。

また、デザインに関しては、iOS 7のようなフラットデザインが採用された。以下、次期OS「OS X Yosemite」で搭載される機能について紹介していく。

iCloud Drive

iCloud Drive

iOSとMacを繋ぐクラウドサービス「iCloud」を、「Dropbox」のようなストレージとして使うことができる。iOSとMac、メインのMacとサブのMacのデータを同期しておくことがとても気軽にできるようになる。

Spotlightが大幅に進化

Spotlight画面中央に配置された「Spotlight」/Appleの中継より

「Spotlight」でさらに高度な検索ができるようになったようだ。しかも、画面中央に検索欄が出てくるようになっている。このデザインは人気検索アプリケーション「Alfred」に似ている(「Alfred」は、機能不足だったこれまでの「Spotlight」の代わりとして使う人が多かった)。

通知センター

通知センターがiOS 7のような半透明のデザインに。天気予報や株価など、自分の好きなウィジェットを追加できるようだ(「Dashboard」が廃止されるかどうかは不明)。

メールで画像を送るときにちょこっと書き加え「Markup」が登場

MarkupMarkup機能を使っているところ/AppleのWebサイトより

「Mail」で写真を送るときに、簡単に矢印やコメントを付けることができるようになった。この機能はEvernote社が提供する画像編集アプリケーション「Skitch」によく似ている。

iOSとの連携

Macで通話Macから電話をかけている

MacでiPhoneの回線から電話をかけたり、iOSで書き途中だったメールをそのままMacで引き継いで書いたりできるようになった。また、MacとiOS間でも、ふたつのデバイスで独自のWi-Fiネットワークを構築しファイルを送受信できる「AirDrop」が使えるようになった。

「OS X Yosemite」は、デベロッパーでなくても先着100万人までベータ版をダウンロードすることができる。これらの機能を一足早く使いたい人は、Appleのサイトでベータプログラムに登録しよう。

また、見た目だけでもYosemiteスタイルにしたい人は、メインビジュアルになっている壁紙がダウンロードできる。

【次のページ】iOS 8の充実機能続々!

2つ目は次期OSアップデートのiOS 8に関する発表!

iOS 8iOS 8の新機能たち/AppleのWebサイトより

さて、2つ目は、iPhoneやiPad、iPod touchにおける、次期OSアップデートされるiOS 8を紹介していく。

かねてから、Androidで実装されているIME(入力変換辞書)の変更などの機能が要望されていたが、今回はそんな機能を付け加えるようなアップデートになりそうだ。正式版は2014年秋にリリース予定。

IME(入力変換辞書)に予測変換機能「QuickType」追加

その場の状況(メッセージなら相手から送られてきたメッセージに登場する単語など)に合わせて候補を提示。

IME(入力変換辞書)が自由に選択可能に

「Swipe」でキーボード入力している「Swipe」でキーボード入力している

IMEを好きなものに変更できるようになれば、「ATOK」や「Google日本語入力」で変換することができるようになる。iOS標準のIMEには状況に応じた予測変換機能「QuickType」が追加されるとのことなので悩みどころ。

「iMessage」が「LINE」並みに機能強化

位置情報や音声メッセージ、画像が手軽に送れるようになった。ただ、LINEが普及している日本にはあまり影響がなさそうだ。

「Health」&「HealthKit」

「Health」は健康管理アプリ。心拍数や消費カロリーを記録・分析できる。「HealthKit」は「Health」で収集したデータなどを医療機関と相互にやりとりすることができる。

通知から応答可能に

メールやメッセージに対して、通知画面から返信可能に。Facebookの通知には「いいね!」もつけられるようだ。

家族間でアプリや音楽を共有できる「Family Sharing

Family Sharing家族が一覧になっている/AppleのWebサイトより

同じクレジットカードを使うAppleアカウントが、6つまで購入情報などを共有できるようになる。つまり、同じクレジットカードで購入していれば、家族で同じアプリを買う必要がなくなるというわけだ。

さらに、子どもがクレジットカードでアプリなどを購入する場合、保護者に承認を要求する設定にすることもでき、乱用などを防ぐ機能も用意されている。

「カメラ」アプリが高機能化

タイマー撮影や連続写真での動画撮影機能が追加。タイマー撮影をするために、わざわざ専用アプリをダウンロードしなければならなかった時代とはおさらばだ。

「写真」アプリが高機能化

iPhoto for iOS並みの高度な写真編集機能が追加。明度や彩度など本格的な編集をすることが可能なようだ。

SiriにShazam

今流れている曲を教えてくれるアプリ「Shazam」がSiriに対応し、Siriに音声で聞くだけで教えてくれるように。

App Storeで動画が見られるように

App Storeのアプリ紹介ページでスクリーンショットの他に動画も見ることができるようになった。

アプリ同士が連携

SafariからBing翻訳を使っているSafariからBing翻訳を使っている

Safariのページを「Bing翻訳」で翻訳するなど、アプリ同士の連携ができるようになった。ダウンロードしているアプリによって他のアプリも機能強化される。

開発者向けにはこの他にも様々な新情報が発表されている。新しいOSを一足早くインストールしてみて、デベロッパーとして開発に挑戦するのもありかもしれない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。