ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Photoshop CS5の驚異の凄さ! ぼっさんやガンダムが一瞬で消えた?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨日体験版のダウンロードが開始されたばかりでダウンロードが集中しているとガジェット通信でも報告したばかりの『Adobe Photoshop CS5(以下、Photoshop CS5)』。製品版は5月28日に発売されるがいち早く『Photoshop CS5』の凄さを紹介したい。

特に今回注目される機能は『コンテンツに応じる機能』だ。削除や塗りつぶす際に『コンテンツに応じる』を選ぶとその場にあったものがなかったかのように処理される。そんなわけで今回は素材として『2ちゃんねる』で有名なぼっさん(※1)を選び実際に消えるのか試してみた。

無加工のぼっさん画像を拝借しての実験となるが、この場からぼっさんをなくすことは可能なのか? 『Photoshop CS5』ならたったの数秒で出来てしまうというが……。

まず『コンテンツに応じる』で処理をしたい範囲を選択する。その後は『塗りつぶし(Deleteキー)』-『コンテンツに応じる』を確定。するとどうだろうか、あっという間にその場に居たぼっさんが姿を消すではないか。ものの10秒も掛からない作業で高度なレタッチが出来てしまう。もはや何が本物かわからないくらいだ。

選択範囲以外にも『スポット修復ブラシツール』も似たような処理が可能。それは消したい部分をなぞるだけ。するとその場所が魔法の様に消えてしまうのだ。下のお台場のガンダムの写真を見て貰えばわかるが人が徐々に消え最終的には奥の建物や挙げ句の果てにはガンダムまで消えてしまっているのがわかるだろう。実はこれ『スポット修復ブラシツール』でなぞっただけ。掛かった時間は1分ちょっと。

さらに選択ツールで綺麗に選択すればもっと綺麗なレタッチが可能となる。これらの機能のアルゴリズムは周りの風景や画像の情報を読み取り似たような絵を作り出しているのだ。今までは手動でそれを行っていたが『Photoshop CS5』からはオートマチックにて行ってくれる。


もっとさらに高度な機能『パペットワープ』は写真にワイヤーフレームを貼り自由に関節を動かすことが可能な機能だ。腕を下げていた人の関節を曲げ、バンザイさせることも可能。そのほかにも強力な機能は数々あるのだがそれは後日紹介していきたい。

それにしても『コンテンツに応じる』って名称もう少しどうにかならなかった?

全ての写真が表示されない場合はこちらからご覧ください。

※1 正式名称はりぼんちゃん。『2ちゃんねる』で有名なユーザー。現在は引退したとされている。自分の写真を晒したのが切っ掛けで一躍有名になり、多くのぼっさんコラージュ写真が投稿され今でも愛されるキャラクター。

■最近の注目記事
【Adobe CS5】ありえない!『Adobe Photoshop CS5』の超強力な機能アレコレ
アドビが『Photoshop CS5』体験版配布開始 ダウンロード殺到で推定残り時間5時間以上!?
あの『オプーナ』のサウンドトラックが年内発売? 作曲者は『FF12』や『オウガバトル』を作曲していた人!

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP