ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家庭内別居相談例「妻が家の中にロープを張って境界線作成」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK『あさイチ!』の「家庭内別居特集」で紹介された日本家族社会学会の調査に基づく分析によると、「配偶者を家族だと思わない人」の割合が、妻の場合12.4%で10人に1人以上と、1999年からの10年間で倍増しているという。本誌の調査でも、夫に酷い扱いをする妻の例が見つかった。

【ケース1】家の中にロープを張る

 リビングスペースや、食事や洗濯を別にするのは、家庭内別居の典型例だと指摘するのは夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏だ。

「テレビが2台、バスタオルは夫用と妻用をきっちり分ける、夫婦の財布もそれぞれ分けるなどは、家庭内別居を選んだ場合によくある例です。それがエスカレートするご夫婦もいらっしゃいます。以前、相談を受けた熟年男性は、『妻が家の中にロープを張って境界線をつくっている』と困惑していました」

【ケース2】寝室はマンションの来客部屋

 たとえ境界線があっても、同じ屋根の下で寝起きしているのはマシなほうかもしれない。

「夫のことを、生理的に受け入れられません。絶対に無理です」と話す40代の主婦は、出張の多い夫が家に帰ってきたときには必ず、自分や子供の友人に泊まりに来てもらうという。夫の居心地を悪くするためだ。

「それで、夫にはマンションのゲストルームで寝泊まりしてもらっています。パジャマ姿でエレベーターに乗っているところを目撃されて、ご近所で噂になっているみたいですが、私は別に構いません」

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
離婚はしたくないけれど一緒にいたくないと家庭内別居増加
家庭内別居中の妻 夫に労いの言葉をかけるのにLINE使用
家庭内別居15年の妻 「生活費を出してくれる夫は今やATM」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP