ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯コートジボワール戦に向け遠藤保仁 「先制点奪いたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月12日に開幕するサッカーW杯ブラジル大会。ザッケローニ監督率いる日本代表が、グループリーグ第1戦(15日)で対戦するのが、FIFAランク21位のコートジボワールだ。

 コートジボワール代表の愛称は「エレファンツ(象)」。アフリカ最強といわれながら、過去2大会は「死の組」に入り、決勝リーグへ進出できなかった。

 ドログバなど3大会連続出場の黄金世代は30代を超えたが、攻撃陣にはボニーやジェルヴィーニョなど最盛期を迎えようとする選手もいる。選手の個性を生かした、速いサッカーを身上とする。弱点は守備。個人能力は高いが組織としては質が落ち、イージーな失点が多い。

 コートジボワール相手に日本はどう戦うか。日本代表メンバーの中で最多出場記録を持つ、遠藤保仁(ガンバ大阪)は、こう見ている。

「落としたくない初戦、まず先手を取りたい。アフリカの選手は高い身体能力を持っており、各選手の分断作戦がベストだが、攻撃力があるだけに調子に乗せてしまうと怖い。

 4年前の親善試合では0-2で負けており、攻撃パターンが多く、どこからでも攻めてくるイメージがある。当時の選手も多く残っており、油断はできない相手。立ち上がりから日本ペースでガンガン攻め、とにかく先制点を奪いたい。初戦だけに大切に行きたいが、勝てば勢いに乗ることができる大切な試合となるだろう」

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
テレ朝日本代表中継は勝率高い 松木安太郎氏解説も縁起が良い
遠藤保仁 コートジボワールは「正直とんでもないヤツら」
アーチェリー銅の早川 「帰化しなければ金」と韓国人が皮肉

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP