ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡部豪太がキャラとCG共演 ゲームアプリ進化でCMにも変化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 電車での移動中や仕事の休憩時間など、ちょっと時間が空いた時に、手軽に楽しめるのがスマホのゲームアプリだ。数年前なら、「釣りゲーム」や「怪盗ゲーム」「カードゲーム」などシンプルなソーシャルゲームが多かったが、現在はゲームの内容もグラフィックも格段に進化。「パズル&ドラゴン」や「キャンディークラッシュ」、「ポコパン」「ディズニー ツムツム」といったパズルゲームを中心として、幅広い層に人気が広がっている。

 そのほかにも「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」、「ファイナルファンタジーアギト」、GREEが提供する「モンスターハンター ロア オブ カード」など、人気ゲームシリーズのスマホ版も続々登場。スマホでも、携帯ゲーム機並の充実したゲームライフを満喫できるようになった。

 ゲームそのものが進化するにつれて、バラエティに富んだスマホゲームアプリのテレビCMも増加している。ゲームに登場するイラストとナレーションだけで構成されているシンプルな物もあるが、例えばGREE「釣り★スタ」の明石家さんまや、GREE「探検ドリランド」のTOKIOなど、有名タレントを起用するケースも多い。

 また、「キャンディークラッシュ」の岡田准一とともに登場する遠藤憲一や、Mobage「ナイツオブグローリー」のでんぱ組.inc・最上もがなど、個性的なキャスティングが魅力となっているCMも少なくない。

 最新作としては、6月1日からオンエアーされている「クラッシュ・オブ・クラン」のテレビCMでは、俳優の渡部豪太がゲームのキャラクターと共演するという、これまでにないパターンとなっている。渡部本人は、「実際に毎日このゲームを楽しんでいるのですか、まさかケームのキャラクターと同じ画の中に入ることかできるなんて思ってもいなかったので、本当に楽しかったです」とコメントしているが、このCMについてあるゲームライターはこう話す。

「ゲームのCMはやはりプレイ動画がメインとなる場合がほとんどで、逆にタレントが出るCMの場合は、そのタレントがプレイしている様子をCMにすることが多い。そういう意味では、タレントとキャラクターがCGで共演する『クラッシュ・オブ・クラン』のCMはかなり珍しいといえますね」

「クラッシュ・オブ・クラン」は、フィンランドのモバイル向けゲームスタジオ・スーパーセルが開発したリアルタイムストラテジーゲーム。自分の領地に防衛施設を建設し、他プレイヤーの攻撃から守ったり、逆に他プレイヤーの領地に攻め込んだりしながら、自陣を強化しつつ拡大していくというゲームだ。かつてゲームアプリの主流となっていた、シンプルな構成から考えると、相当進化していることがわかる。

「『釣りゲー』や『怪盗ゲー』のような、携帯電話からスマートフォンへの過渡期に人気だったゲームアプリは、ゲームシステムもグラフィックのシンプルだったので、プレイしている動画があまりテレビCMでのアピールポイントにはならなかった。なので、ソーシャルゲーム、つまりコミュニケーションツールとしての側面を前に出したCMが多かったわけです。それが今は、ゲームの内容もグラフィックも進化して、プレイ動画そのものでアピールできるようになった。『クラッシュ・オブ・クラン』のCMも、ゲームそのものの進化があったからこそ成立しているものだといえるでしょうね」(前出・ゲームライター)

 これらのゲームの多くは、ゲーム内課金はあるものの、基本的には無料でプレイすることができる。その一方で膨大な量のゲームアプリが存在することから、ゲーム提供を行なう各社はより多くの参加者獲得のため、プロモーション活動の必要性が高まっている。グラフィックの進化によって、これまで以上に世界観のアピールができるようになったゲームアプリのテレビCMは、今後も増えていきそうだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
続々新ゲーム登場のLINEに「ほとんどLINE POPと一緒」の声も
お腹が弱いスマートフォンユーザー 「トイレアプリ」を絶賛
1000万DL超のゲーム「ディズニー ツムツム」 大人もハマる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP