ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エヴァ・グリーンを起用した『シン・シティ』ポスターがセクシーすぎて使用禁止に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前作『シン・シティ』からなんと9年!ファン待望の続編『Sin City: A Dame to Kill For(原題)』が、ついに今年8月22日より全米公開されるのだが、このたび豪華キャストのひとり、エヴァ・グリーンのポスターが解禁されたと思ったら、「セクシーすぎる」とMPAA(米国映画協会)からNGをくらってしまった。

エヴァといえば、つい最近では、『300 帝国の進撃』での女傑アルテミシア役が凄すぎて、日本での公開がR15指定になるという伝説を作っていたが、今度はセクシーすぎて発禁とは女優冥利に尽きるというべきか。

問題のポスターは、裸体の上に、透けまくり&胸元はだけまくりな白の薄いガウンのみを羽織ったエヴァが、右手にピストル、左手は腰に当て、キリリと立っている姿を切り取ったもの。
『シン・シティ』といえば、白黒を貴重としたモノトーンの映像に、血や口紅、涙などポイントのみ色を付けた独特な映像手法を用いていたが、このポスターもほぼモノトーンの中、エヴァの口紅とマニキュアの真紅、そして瞳のグリーンのみ鮮明な色味をつけ、一度見たら忘れられない存在感とエロチシズムを放っていた。

そんな力作のポスターだったのだが、MPAAから「ガウンを着ていても、胸の丸みと乳首の辺りがしっかり透けて見えるからダメ。エロすぎ。」と使用を禁じられてしまう結果に……。

『Sin City: A Dame to Kill For(原題)』では、ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ロークら前作に引き続いてのキャスト陣に加え、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、レディー・ガガ、そしてエヴァ・グリーンら、新たな豪華キャストも参戦。日本公開が待ち遠しい!

【参照リンク】
・Eva Green’s ‘Sin City 2′ Poster Proves Too Hot for MPAA
http://news.moviefone.com/2014/05/29/eva-green-sin-city-2-poster/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP