ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S 8.4(SM-T705C)の主要スペックが判明、本体の厚みはわずか6.5mm

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Tab Sの発表が6月12日に迫る中、中国 工信部で認証を取得した「SM-T705C」の認証情報から「Galaxy Tab S 8.4(SM-T705C)」の主要スペックが判明しました。まず気になる筐体サイズですが、認証資料によると、212.8mm x 125.6mm × 6.5mm、質量は287gです。Galaxy TabPRO 8.4よりもスリムで軽量のようです。ディスプレイについては、8.38インチ2,560×1,600ピクセルのOLEDと記載されています。噂通り、Super AMOLEDディスプレイを搭載しているようです。他のスペックについては、Android 4.4.2(KitKat)、1.9GHz駆動の8コアプロセッサ(Exynos?)、3GB RAM、前後にカメラを搭載。カラバリはホワイト1色。SM-T705Cは中国移動専用モデルのようで、GSM、TD-SCDMA、WCDMA、TD-LTE(B8/38)に対応しています。Source: Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
タカラトミー、本物のスマートフォンとも通信できるスマートフォン型玩具「マイタッチスマート LINE Friends(ライン フレンズ)」を発表
AllwinnerがCortex-A7×4のタブレット向け新SoC「A33」を発表
Paranoid Android 4.4 Beta1がリリース、CyanogenModのテーマエンジンを追加、Hoverが安定板に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP