ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松本人志、AKB「握手以外で魅了」提案に賛否 握手会なしのAKBは成立する?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48の握手会でメンバー2人とスタッフ1人がのこぎりを持った男に切りつけられた事件について、ダウンタウンの松本人志が6月1日放送の『ワイドナショー!』(フジテレビ系)で言及した。

松本は、握手券付きのCDというものに疑問を持ちつつも、握手会への参加が無料になると「危ないのがくるから、もっとたちの悪い事件に発展する」という可能性を指摘。さらに、松本本人が、現在でも山口百恵の存在にテンションがあがるということで、握手会以外の方法でファンを魅了することも出来ると語り、握手会をやめろとは言わないまでも、別の道を模索してもいいのではないかと、提案した。

たしかに、アイドルといえば、もともとは歌って踊る存在であり、握手会がなくても成立するはずのもの。しかし、AKB48においては、握手会がかなりのウェイトを占めている。

この松本の意見にネット掲示板「2ch.sc」には「【AKB48襲撃事件】松本人志『握手会なくてもファンを魅了することはできる』形を変えたりなど課題を提起」とのスレッドが立てられている。

「松本が初めて正しいこと行ったな」
「結構いいこと言ってると思う
本当に魅力があるならば握手なんてしなくてもやっていける
握手をしなくなった程度でファンが離れるなら、その程度のアイドルって事だわ」

などと、賛同する意見が寄せられた一方で、

「ただのCDじゃ売れないんだよ
スガシカオ先生が言ってたぞ
それに握手会否定したらAKB以外の芸能人も困るだろ」
「それじゃCDが売れないんですよw」

と、握手券がないとCDが売れない現実を指摘する声もあった。

松本がいうように「握手以外で魅了する」ことはできるのだろうか。アイドルに詳しい芸能ライターはこう話す。

「たしかに今の女性アイドルの大半がCDに握手券を付けて売っています。しかし、たとえばPerfumeやももクロのように、ブレイク後に握手会をやらなくなるケースもあります。問題は、握手会をやめて売り上げがどうなるかということですが、答えは『どっちでもない』ですね。そもそもPerfumeは3人、ももクロは5人とメンバーの数が多いわけではないので、200人規模のAKB48グループとはわけが違う。人数が少ないグループだと握手できる数が限られるので、握手会をしたところでCDの売上がべらぼうに伸びるというわけではないんです。握手会のメリットが小さいということであって、握手会を開くくらいなら、お金をとってライブをしたほうがいいでしょうね」

そういう意味では、松本人志の発言は正しいといえる。ただAKB48に当てはまるかどうかは別の話だ。

「秋元康氏も公言していますが、もともとAKB48は歌って踊れるプロを育成するグループとしてスタートしているわけではない。『会いに行けるアイドル』とはまさにそういうことで、ステージで魅了することよりも、握手会でファンと触れ合うことに重きを置いているんです。なので、AKB48が握手会をやめるという選択肢は、その存在意義を奪うことになります。AKB48をこれまでのアイドルと並べて考えるのは難しいんですよ」(前出芸能ライター)

大きく「アイドル」という枠組みで考えれば正論と言える、松本の「握手以外で魅了する」べきだという意見。しかし、「AKB48」という枠組みでは残念ながら、当てはまらないと考えたほうが良さそうだ。

【参照リンク】
・AKB48公式サイト
http://www.akb48.co.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP