ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大阪珍スポット】 南大阪にある巨大な「塔」に誰もが驚く まるでガウディ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪人なら誰もが知っている巨大な塔が、大阪府南部の富田林市にある。30kmほど離れた日本一高いビル「あべのハルカス」展望台からも眺めることができ、特に近くで見るとその大きさに誰もが圧倒される。しかも、そのデザイン、なかなか奇抜で一目見たら忘れられないインパクトを強烈に残す。
この塔は通称「PLタワー」、正式名称は「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」といい、大阪万博が開催された1970年の8月1日に落成された。高さは180メートル。PLはパーフェクトリバティー(PL)教団(http://www.perfect-liberty.or.jp)で、高校野球での常連出場校のPL学園は系列の学校にあたり、毎年8月1日に開催される「教祖祭PL花火芸術」も有名だ。この教団の本部が富田林市にあり、PLタワーは本部から近い場所に立地している。
PLタワーはPL教団の公式ホームページによると、開塔時間は午前10時から午後4時まで、休塔日は水曜日とある。誰もが入ることができるかというとそうではなく「参拝」目的のみなのでくれぐれも注意したい。とはいえ、信者だけでなく一般の人も参拝できる。
PLタワーの入り口に近いバス停から歩くと20分ほどかかる。車やバイクなら近くの駐車場に停めれば5分ほどだ。タワーの内部に入ると、PL教団を象徴するかのようなオブジェが点々を飾ってあり、厳かな雰囲気とともになんとも不思議な空間。また、塔の2階には神殿もあり、ここまでは信者でなくても入ることができる。

まるで「ガウディ」のような、また知人は「映画の20世紀少年に出てくるみたい」とも言っていたが、いったい誰がデザインしたのかというと、第2代教祖の御木徳近氏。天を指す手を表現してこのデザインになったという。同じ大阪の万博公園にはあの岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」があり、落成が同じ1970年なのは何かの奇遇だろうか。
筆者がこどもの頃、もう20年以上前になるが、PLタワーの展望フロアまで行くことができ、とても眺めが良かった記憶がある。残念ながら現在は2階より上のフロアには上れない。それでも、内部まで入る勇気がなくとも、外からでも一見の価値は十二分にある。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
京都にある「らくがきOK」の変わった寺
縄 いまや禁止のハブとマングースの対決 新たな「ショー」を見てきたら
京都・丸太町「火柱が立ち上るラーメン」を食べに行った!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP