ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界135カ国以上でNo.1の戦略ゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』日本攻撃開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界135カ国以上のApp Store売上ランキングで1位を獲得した、大人気無料戦略ゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』が、6月1日から日本での積極広告展開を開始した。

 本作は、フィンランドのSuperCell社がiPhone、Android用として提供しているアプリ。
自分の村に防衛設備を建設し、他プレイヤーの攻撃から村を守り、反対に他のプレイヤーの村に攻め込み資源を奪い拡大するなど、本格的な戦略が楽しめるとして人気の高い作品。
そしてなんと言っても最大の特徴はゲームタイトルにもなっている『クラン』を作って、仲間と協力し合って楽しむ事が出来る点。特に『クラン対人戦』と呼ばれる機能では最大50名の仲間と2日間に渡るチーム戦が繰り広げられる。

【関連:30年運営宣言のMMORPG『ココロア』、2年でサービス一時停止】


 『クラッシュ・オブ・クラン』はこれまで日本でも配信されてきたが、本格的な宣伝はしてこなかった。そのため、知る人ぞ知るゲームかと思いきや、オンラインゲームコアユーザーを中心に口コミで広まり、中毒ユーザーが続出。今では複数のファンサイトが立ち上がるなど、初心者が開始する上での環境も十分に整えられている。



 今回の日本積極広告展開についてSupercellのCEOであるイルッカ・パーナネン氏(Ilkka Paananen)は、「ゲームの先進国である日本に進出することはグローバル展開には不可欠と考えています。そして、私たち自身が一人のゲームプレイヤーとして、任天堂をはじめとする日本のゲームデベロッパーのことを尊敬していました。日本のプレイヤーに私達のゲームを届けることができ、とても誇らしいし、エキサイティングな経験と感じています。」とコメント。今後はテレビCMを皮切りに、多方面での広告展開を積極的に行うとしている。

 日本での積極広告展開第1弾は、実力派俳優で注目の渡部豪太氏を起用したテレビCMを放送。既に6月1日から「ミーツザキャラクター篇」、6月12日からは「トレイン篇」が放送される。
CMではゲーム世界から抜け出してきたキャラクターを渡部氏が紹介。完璧に再現された3Dアニメーションと渡部氏の共演は必見だ。
今回の3Dアニメーションとの共演について渡部氏は、「キャラクターがどういう風に動くのか頭の中でイメージして撮影することが、すごく大変でしたが、とても良いCMができたと思います。」とコメントしている。



[iOS版DLリンク]
https://itunes.apple.com/jp/app/clash-of-clans/id529479190?mt=8
[Android版DLリンク]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.supercell.clashofclans&hl=ja
[Supercell ウェブサイト]
http://supercell.co.jp

おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP