ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おいしいもので日常を描く本上まなみが書いたエッセイ集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『落としぶたと鍋つかみ』本上まなみ著/朝日新聞出版/1512円

 タレントでエッセイストの著者による7冊目のエッセイ集。幼稚園児の娘のために、毎日のお弁当メニューを楽しみながら考え、初めての米粉パンや塩麹作りに挑戦するなど、「食」を中心に日々の生活が綴られる。

 誰もが経験する日常を独自な視点で切り取りながら、家族との温かな繋がりが描かれ、ほっこりした気分になれる。レシピとして使えるほど丁寧に料理の作り方が記されているので、実用性もある。

※女性セブン2014年6月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
蒼井優が日本や台湾、ハワイで食べられるかき氷を紹介する書
昨年10月死去の北杜夫氏の絶筆を含む最晩年の連載エッセイ
一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP