ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村拓哉なりきり医師 「ちょマテヨ!」まで真似し周囲呆然

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 50才のパート女性がある病院に行ったところ、40代の医師の口調に仰天したという。なぜならあの人気スターのしゃべり方にそっくりだったそうで…。その女性が語る。

 * * *
 腕に湿疹がでたので、駅前の皮膚科に行ったときのこと。

 診察してくれた先生は、肩くらいまで伸びたロン毛を半分だけ頭頂部で無造作にしばっている、色黒の40ちょいすぎぐらいの年格好。診察中の口調は「マジッ、ヤッベー」と、なんとなく聞き覚えがある。さらに「ぶっちゃけー、自分で気になって触るからぁ~、余計に湿疹が大きくなるって~」と、ますます聞き覚えある感じ。

「先生お電話です」と受付から呼ばれると「ちょ、マテヨ! 今、診察中」。この一言でやっとわかった! キムタクの口マネしてなりきっていたんです。

 ときどき鼻をすすりながら話すのもキムタクだけど、だから? そんなことに情熱を燃やしてないで、ちゃんと患者の目を見て話して!

※女性セブン2014年6月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長野県塩尻市内の小中学校の給食が商品化「キムタクごはん」
茶髪ピアス医師 患者の咳に「マッジィ~」で看護師も困惑
昼間からウォッカを飲む医師と彼のために酒を補充する看護師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP