体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【宙にあこがれて】第43回 さらばスカイホーネット 陸上自衛隊北宇都宮駐屯地開設41周年記念行事

2014年5月25日、ひとつの歴史が幕を下ろしました。陸上自衛隊北宇都宮駐屯地に所在する、航空学校宇都宮校の教官パイロットで編成されるヘリコプター展示飛行チーム「スカイホーネット」が、1974(昭和49)年より続けてきた活動を終えたのです。最後のショウとなった、北宇都宮駐屯地開設41周年記念行事の様子をご紹介します。

スカイホーネットは、航空学校宇都宮校で使用する練習機OH-6Dによる展示飛行チーム。今年度から練習機が新型のTH-480Bに更新され、それに伴ってOH-6Dが運用から外れる為、活動を終えることになったもの。駐屯地内にはTH-480Bに対応した真新しい教場が作られ、新型機での教育も始まっています。

【関連:自衛隊観閲式2013】

TH-480Bの教場 TH-480B

パイロット達の話では、TH-480Bは同種のエンジンを使用しているものの、エンジン出力をローターに伝えるトランスミッションで制限がかかっている為、OH-6Dに較べて機動性が劣り、スカイホーネットで行うような飛行は無理とのこと。練習機としては素直で良い機体だそうです。

駐屯地開設記念行事では、そのTH-480Bを先頭に祝賀飛行編隊が組まれました。

祝賀飛行編隊

続いてヘリコプターの飛行展示。茨城県の航空学校霞ヶ浦校から参加したAH-64Dは、前週に行われた霞ヶ浦駐屯地開設記念行事でも飛行を行った74504号機。機長も同じ方でした。

AH-64Dの飛行展示

北宇都宮駐屯地の第12ヘリコプター隊・UH-60JAは、隊員のリペリング降下とホイストによる吊り下げ回収の実演。同じ飛行場(宇都宮飛行場)を共用する栃木県警のヘリコプターも、ホイストによる救助活動の実演を行いました。今年の栃木県警は、いつもより派手な飛行を見せて観衆を沸かせていたのが印象的。

隊員をホイストするUH-60JA 栃木県警BK117の救助実演

スカイホーネットの飛行展示は今年で最後ということで、昨年に続いて午前と午後の2回、飛行を行いました。午前は5機のOH-6Dと1機のUH-60JAによるもの。OH-6Dの機体には、カラーボードにラストフライトを示すマーキングが。

スカイホーネットの展示飛行

例年趣向を凝らしたスペシャルマーキングで知られる展示機達ですが、今年のデザインは少々おとなしめ。訊くと「やはりスカイホーネットが最後なので、今年はOH(-6D)が主役ですから」ということのようです。その言葉を裏付けるように、OH-6Dの展示機はラストを意識したデザイン。マーキングに記された「OSCAR」はOH-6Dに割り振られたコールサイン(無線呼び出し時の符号)です。よく見るとハチは「Sky hornet」の文字で構成されているという凝りよう。1974年から、長きにわたって使われてきたOH-6Dに対する感慨に満ちあふれてますね。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。