ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【宙にあこがれて】第43回 さらばスカイホーネット 陸上自衛隊北宇都宮駐屯地開設41周年記念行事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年5月25日、ひとつの歴史が幕を下ろしました。陸上自衛隊北宇都宮駐屯地に所在する、航空学校宇都宮校の教官パイロットで編成されるヘリコプター展示飛行チーム「スカイホーネット」が、1974(昭和49)年より続けてきた活動を終えたのです。最後のショウとなった、北宇都宮駐屯地開設41周年記念行事の様子をご紹介します。

スカイホーネットは、航空学校宇都宮校で使用する練習機OH-6Dによる展示飛行チーム。今年度から練習機が新型のTH-480Bに更新され、それに伴ってOH-6Dが運用から外れる為、活動を終えることになったもの。駐屯地内にはTH-480Bに対応した真新しい教場が作られ、新型機での教育も始まっています。

【関連:自衛隊観閲式2013】


パイロット達の話では、TH-480Bは同種のエンジンを使用しているものの、エンジン出力をローターに伝えるトランスミッションで制限がかかっている為、OH-6Dに較べて機動性が劣り、スカイホーネットで行うような飛行は無理とのこと。練習機としては素直で良い機体だそうです。

駐屯地開設記念行事では、そのTH-480Bを先頭に祝賀飛行編隊が組まれました。


続いてヘリコプターの飛行展示。茨城県の航空学校霞ヶ浦校から参加したAH-64Dは、前週に行われた霞ヶ浦駐屯地開設記念行事でも飛行を行った74504号機。機長も同じ方でした。


北宇都宮駐屯地の第12ヘリコプター隊・UH-60JAは、隊員のリペリング降下とホイストによる吊り下げ回収の実演。同じ飛行場(宇都宮飛行場)を共用する栃木県警のヘリコプターも、ホイストによる救助活動の実演を行いました。今年の栃木県警は、いつもより派手な飛行を見せて観衆を沸かせていたのが印象的。


スカイホーネットの飛行展示は今年で最後ということで、昨年に続いて午前と午後の2回、飛行を行いました。午前は5機のOH-6Dと1機のUH-60JAによるもの。OH-6Dの機体には、カラーボードにラストフライトを示すマーキングが。


例年趣向を凝らしたスペシャルマーキングで知られる展示機達ですが、今年のデザインは少々おとなしめ。訊くと「やはりスカイホーネットが最後なので、今年はOH(-6D)が主役ですから」ということのようです。その言葉を裏付けるように、OH-6Dの展示機はラストを意識したデザイン。マーキングに記された「OSCAR」はOH-6Dに割り振られたコールサイン(無線呼び出し時の符号)です。よく見るとハチは「Sky hornet」の文字で構成されているという凝りよう。1974年から、長きにわたって使われてきたOH-6Dに対する感慨に満ちあふれてますね。


心なしか、記念撮影をする人も多かったような気がします。


祝賀飛行に参加した後展示された連絡偵察機LR-2は、現在航空学校宇都宮校の機材が仙台で点検整備中だった為、沖縄の第15ヘリコプター隊からの借用機材。垂直尾翼には「WING of OKINAWA」のマーキングが施され、離島での急患搬送にも活躍する機体です。


その他の展示機では、航空自衛隊の飛行点検隊(埼玉県・入間基地)から飛行点検機U-125が参加。当日は入間基地で航空自衛隊創設60周年記念式典が行われ、あちらが外来機でごった返すので帰投が夕方にずれ込むことに。また、キャンプ座間のアメリカ陸軍UH-60Aは当日朝に参加がキャンセルされるなど、受け入れる駐屯地側ではバタバタした面もあったようです。


ゼネラルアビエーションとの良好な関係から、いわゆる自家用機の参加も多いのが北宇都宮駐屯地の特徴。今回はセスナ172とビーチクラフト・ボナンザがコクピットを公開し、子供たちに大人気でした。


敷地に隣接し、飛行場(もともと前身の中島飛行機が設置した)を共用する富士重工は、ベル412とFA200エアロスバルを展示。栃木県航空協会のFA200アクロバットチーム「レッドスバル」も機体を展示していました。LR-2を操縦する陸上自衛隊のパイロットも興味津々で、FA200の機体について専門的な説明を求めるなど、飛行機乗り同士の交流も。


駐屯地の航空資料館には、新たな展示物が増えました。2012年に引退したLR-1の乗員養成に使用していた初歩的なシミュレータ、リンクトレーナー(1970年2月・東京航空計器製)です。オルガンを作っていた技術を応用して作られている為、姿勢変更を制御するのはフイゴによる空気圧(開発当時、信頼できる油圧装置がなかったことも影響している)、本体は木製という手作り感あふれるもの。海外ではポピュラーなのですが、日本には殆ど現存していないという貴重な品です。


午後になり、スカイホーネットが最後の展示飛行に飛び立ちます。最後の飛行を行うのは、6機のOH-6D。


「スカイホーネット」の由来となった、ハチのような特徴的な飛行音を響かせながら、卵形の愛らしい姿で空を縦横に駆け巡るOH-6D。これで見納めです。

■動画:

【ニコニコ動画】スカイホーネット最終展示飛行

飛行終了後、パイロット達は機体の前で記念撮影。1974(昭和49)年からの歴史に終止符を打ちました。


スカイホーネットのOH-6Dは姿を消しますが、偵察・観測ヘリコプターとしてのOH-6Dは、後継機となる純国産ヘリコプターOH-1の調達が早期に終了し、全てを置き換えることができなかったので、まだしばらくは各地で飛び続ける予定です。

スカイホーネットがいなくなって、来年はどうなるのか。毎年色々な趣向を凝らしてきた北宇都宮駐屯地ですが、ちょっと気になりますね。

(取材:咲村珠樹)

おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP