ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DadaD、日本人第一号アーティストとして究極の臨場感11.1chの曲を制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現在放送中のミュゼプラチナムのCMを手掛けるなど、スタイリッシュなCMソングで定評のあるDadaD(読み:ダーダーダー)が、5.1chサラウンドを越える、ヘッドフォンで聴ける11.1chサラウンドという、超臨場感・超異空間を味わえる曲「Beautiful Magic」を、日本人アーティスト制作第一号として手掛けた。

これまで音楽は、2chヘッドフォンでステレオ音源を楽しむのが一般的だった。しかし、DTS Headphone:Xの技術を採用した音源配信・再生アプリ【Music Live】の登場により、音楽はついにその限界を破るときがきた。

DTS Headphone:X音源配信・再生アプリ「Music Live Powered by DTS Headphone:X」とは、2chヘッドフォンなのに、映画館やスタジオ、シアタールームなどで楽しんでいるような臨場感が味わえる新しいサラウンドコンテンツを配信・再生することができるアプリ。

DadaDのメンバーで作曲を担当するShigeは、「音楽がステレオ音源という既成概念から解放されて、ヘッドフォンで11.1ch、つまり音を11個の場所に自由に配置して表現できることは、ミュージシャンにとって、ライブ感の追及にとどまらず、新たな表現手段として、新たなサウンドを創造していけるよい機会になり、新しい玩具を与えられた感覚で作っていて楽しかったです。音楽ファンにとってもこれまでにない、新たな音楽体験をすることができると思います。」と語っている。

このアプリの対応ヘッドホンの発売と共に、6月13日より全国量販店にてDadaDの「Beautiful Magic」のミュージックビデオをヘッドフォンで11.1chを体感することができる。

<リリース情報>

ニューシングルBeautiful Magic
WQCQ-595 1,000円+税
収録曲
1.Beautiful Magic
 ※Music Live Powered by DTS Headphone:Xタイアップ曲
2.PEACE
 ※ミュゼプラチナムCM曲
3.Turn Me On

※CDはステレオ音源です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP