ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宅配便で送付 サソリ、覚せい剤、雪だるま、カレー鍋ごと等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 伝票の品名の欄に「人形」と書かれたその遺体は、3月下旬より行方不明になっていた大阪・西成区の准看護師・岡田里香さん(29)だった。前代未聞の“死体の宅配便”が依頼されたのは3月23日。大阪市内の宅配会社のコールセンターに岡田さんを名乗る女性が、「粘土のフィギュアを送りたい」と連絡した。

 宅配業者が岡田さんの自宅を訪れると、長さ約2メートル、幅1メートル、重さは50キログラムを超えた直方体に近い巨大な段ボールに包まれた荷物が用意されていた。依頼主の女性は、「中身は“粘土の人形”なので、多少動かしても壊れない」と語ったという。

 実際には、およそどんな荷物でも運べてしまうブラックボックス──それが「宅配便」の実態だ。現役の麻薬取締官がいう。

「覚せい剤の密売では宅配便が使用されるケースが多い。宅配便の営業所には麻薬犬もいないし中身の検査もしない。しかも、もし覚せい剤が入った荷物を我々が押収したとしても、購入者を逮捕することができない。たとえ荷物が届けられた先に踏み込んでも、“勝手に送りつけられただけ”とシラを切られる。現物を持ち運ぶよりも、宅配便のやりとりのほうが、彼らにとって都合がいい」

 宅配業者がもっとも恐れるのが爆発物だ。

「2003年には、砲弾マニアが自衛隊の演習場から持ちだした不発弾を宅配便で送り、営業所で爆発したという事件があった。あれが宅配中の車の中だと思うとゾッとする」(前出・業者幹部)

 彼らがもう1つ恐れる“荷物”が生き物。取り扱わない業者が多いが、“おとなしい”ことを理由に、客側がこっそりと安価な宅配便で送るケースもある。ホビーショップのオーナーが声を潜めていう。

「爬虫類のように小さくて鳴かなければ、まずバレませんね。品名に“玩具”と書いて、毒を持つサソリを送ったことがある。プラスティックの飼育ケースの中に入れ、その上に段ボールで梱包する。たまに“カサカサ”と動く音がしても、開けられることはない」

 一方で、“危険物”ではないが取り扱い不可と規定される荷物もある。たとえば、仏壇や遺骨、位などは他の荷物とともに運ぶことが、「魂への無礼にあたる」(前出・業者幹部)として、引き受けない業者が多い。しかし、運ぶ前に寺の住職による“魂抜き”さえすれば、宅配する業者もある。

「何かあった時に責任を負えないものはできるだけ運びたくない。魂さえ抜けていれば、仏壇が破損しても所有者はそんなに怒らないと考えられる。つまり、責任を放棄できればたいていの物は運べる。

 たとえば、“形が潰れても構わない”と一筆もらった上で、高さ1メートルほどのウェディングケーキをクール便で運んだり、北陸から東京まで雪だるまを運んだケースもある。工夫して運んだが、到着した頃は10分の1ぐらいの大きさになっていた」(同前)

 田舎の母親が都会で暮らす1人暮らしの子供の晩御飯にとカレーを鍋ごと送る、なんて依頼はよくある話。

 熱帯魚など生きた観賞用の魚も宅配可能だ。破れにくいビニール袋に水と魚を入れ、ボンベで酸素をたっぷり注入して、最後に発泡スチロールのクーラーボックスに入れる。要は上手に梱包さえして、他の荷物の迷惑にさえならなければ、何でも送れるのだ。

 たしかに便利にはなった。しかし、“死体の宅配便”のような犯罪利用を防ぐ方法は早急に検討されるべきだろう。

※週刊ポスト2014年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宅配マンが敬遠する荷物は水 大量に運ぶと憂鬱な気分になる
宅配便配達員が証言「amazonで本買う人は不在のことが多い」
人気の「宅配男子」寝癖、ヒゲNG 佐川は短髪で染めるの禁止

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP