ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者対象の行政サービス 緊急通報装置の貸し出しもある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 収入より支出が増えるひとり親世帯。支援したくても、子世帯だって余裕があるわけじゃない。そんなとき、行政サービスを把握しておくとよい。ファイナンシャルプランナーで葬祭アドバイザーの明石久美さんはこう話す。

「意外と知られていないのが、高齢者対象の行政サービス。例えば、多くの自治体が緊急時にボタンを押せば、受信センターに通報できる『緊急通報装置』の貸し出し、配食や訪問サービス、親の仲間をつくりやすいイベントなどが行われており、市区町村役場や広報誌などで詳細を知ることができます」(明石さん)

 各地域の民生委員も、家の訪問や福祉サービスの情報提供などを行い、身近な相談にも乗ってくれる。親が住む地域の民生委員を知りたいときは、その自治体に問い合わせを。また、地域包括支援センターの存在も知っておきたい。保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が連携した高齢者への生活支援の窓口機関で、介護予防の指導や、各人に合った支援が受けられるようにしてくれる。

 社会福祉協議会でも、人と触れ合えるサロンの紹介や福祉サービス、日常的なサポートを安価で受けられる。これらのサービスには条件があったり、内容や利用料、手続きなどは地域によって異なるので、利用できるように調べてあげておくとよい。

※女性セブン2014年6月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス
介護サービス 車いすレンタルや高齢者用紙おむつ無料支給も
「高齢者施設」の主な種類と概要 サ高住等5種の施設の違い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。