ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「目上を敬おう」という周囲の好意を逆手にとる振る舞いはNG

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、おばさまたちが美しく生きるためのアドバイスをしてくれます。今回は「女性の振る舞い」についてのお話です。

 * * *
 以下は先日、あるパーティーで私が目撃した出来事です。その女性は、多分、パーティー出席者の中で最年長者だったと思われます。仮にPさんといたしましょう。着席の会でしたので、主催者のお隣に座っておられました。

「乾杯!」と、皆さまで和やかにグラスを合わせたその時です。Pさんは「私、忘れないうちに話しておきたいことがあるのよ~」と大きな声を発した後で主催者にだけ聞こえる声で、こしょこしょと内緒話をはじめたのです。

 もちろん、私をはじめ出席者はみんな、内心では呆れておりましたが、なにしろ年長者のなさること。誰も何も申せません。お隣同士、初対面のかたも多数だったため、「どちらからいらしたんですか?」なんて、主催者不在のまま、ぎこちない会話を続けたのでした。

 たぶんPさんは、ご自分が図々しいというか、はっきりいって傍若無人な振る舞いをしていたことを、自覚しておられたと思います。なぜなら、内緒話が終わった後、みんなの顔を見渡し「(主催者さまを)独占しちゃって、ごめんなさいね~」と満面の笑みでおっしゃいましたから。

 このように「少しくらい、人に迷惑かけても、私はへっちゃらよ」的な振る舞いをすることを、“すっとぼけの術”と申します。

 要するに、あえて空気を読まないワザです。このケースでは、「ど~せ私は年上だから、皆さん仕方ないと思って許してくれるハズ」と、自分の年齢を免罪符にして、好き勝手に振る舞っていたわけですね。

 確かに、年長者のかたがたは、私たちにとっては人生の先輩であり道先案内人。だからこそ「目上のかたは敬わなければ」という周囲の好意を逆手にとって、自分勝手な振る舞いをしていいわけがありません。

 私自身、年齢を重ね、最近では何かのお集まりでも「私が最年長?」という機会が増えてまいりました。実際、周囲のかたがたが気を使ってくださるのが、哀しいくらい、伝わってきます。

「年長者」って裏を返せば、しわやシミは多くて、正直いって、「お気の毒」とも思われているのよ。この事実をオバさま本人が自覚しないといけないと思うのです。そして、周囲が気を使ってくださればくださるほど、謙虚にならないと年長者として敬われる資格がない、といったら言いすぎかしら。

 実際、その日も会が終わった後、主催者のかたから「本当にごめんなさいね。もうPさんは二度と、お呼びしないから」と耳打ちされました。人生の達人ほど、“微笑みの術”でスルーしながら、内心では怒っているものです。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2014年6月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジTV抗議デモ主催者男性 「反韓」意図のメッセージはない
英文学研究者が音楽と別の角度からビートルズに迫った研究書
恒例の「ベスト○○」 主催者と芸能事務所はウィンウィン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP