ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮移転していたタイ移民庁1管区総合事務所が半年ぶりラクシーに戻る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイの移民庁は、反タクシン系のデモ隊による妨害で昨年12月から仮移転していた1管区総合事務所を、約半年ぶりに本来のガバメントコンプレックスB棟(ラクシー区)に戻すことを決定しました。

5月22日夕方の軍事クーデターを受け、タクシン派(UDD)、反タクシン系両軍の集会が解散したための措置です。

今日28日は、インペリアルワールドSC5階の北部出稼ぎ労働者ビザセンター(ワントンラン区)と、メジャーハリウッドスクサワット1階にある南部出稼ぎ労働者ビザセンター(ラットブラナ区。前記事「プラパデーンに移民庁の『避難所』開設」参照)ですべての外国人向けのビザ業務ができますが、どちらも5月いっぱい、つまり30日(金)の18時30分までで終了します。

6月2日(月)以降は、ラクシーの1管区総合事務所が通常通り8時30分からオープン。両出稼ぎビザセンターは本来の仕事であるラオス・カンボジア・ミャンマー出身の労働者を対象とした業務に専念します。

北部出稼ぎ労働者ビザセンターのあるインペリアルワールドSC5階は、タクシン派の政治専門チャンネル『アジアアップデートTV』『ピープルチャンネル』がスタジオを設け、UDDの本部も置かれるなど重要な拠点だったのですが、両チャンネルとも平和秩序評議会(クーデター当局)の指示により放送を止めさせられました。

Manuscript&Photo: Traveler’s Supportasia
Post: GoTrip

GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP