ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MediaTek、H.265/HEVCデコーダーを内蔵したタブレット向け新SoC「MT8127」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の半導体メーカー MediaTekが、HEVCデコーダーを備えたタブレット向け新SoC「MT8127」のリリースを発表しました。MT8127は、”スーパーミドルクラス”のタブレットをメインターゲットにした28mnプロセスのSoCです。CPUはCortex-A7×4基で、CPUクロック数は最大1.5GHz。GPUはARM Mali-450 MP4(4コア)を内蔵。フルHDディスプレイ、MiraVision、Miracast、NFC、Wi-Fi/Bluetooth/GPS/FMのコンボチップを搭載しています。MT8127でサポートしたH.265/HEVCは、フルHDよりも4倍高画質な4K映像でも現在普及しているH.264/AVCと比較して約2倍圧縮率の高いメディアフォーマットのことです。MT8127ではハードウェアレベルでこのフォーマットのメディアをデコードすることが可能です。MT8127は既に出荷のメドがたっています。同社の発表によると、これを搭載したALCATEL ONETOUCH PIXI 8タブレットが年内に発売されるとのことです。Source : MediaTek



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、16:9の画面比を採用した7インチAndroidスマートフォン「Galaxy W」を韓国で発表
Googleの“KITT”は、“OK,Google”機能をシステム全体に拡張し、Androidの自動車での利便性も改善しようとする取り組み
HPがTegra 4を搭載した14インチAndroidノートPC「HP SlateBook 14」を発表、価格は$399(約4万円)で7月に米国で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP