ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソルデジ】モバイルバッテリー最強決定戦! 大容量からコンパクトな製品まで

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今数多くのモバイルバッテリーが発売しておりどれも大容量を謳っている。しかし素人目からしたらどのモバイルバッテリーを買えば良いのかわからないだろう。そんなわけで今回はモバイルバッテリーを発売している各社を比較してみることにした。

※全ての画像をご覧になれない方はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/588205

本日発売の最薄・最軽量・大容量で13000mAhの『cheero Energy Plus 12000mAh』

本日の12時よりアマゾンで発売されるモバイルバッテリー『cheero Energy Plus 12000mAh』。こちらは同社が発売してきた大容量バッテリーの中で最薄かつ最軽量となっている。去年大ヒットしたダンボーバージョンとも比較してみたがその薄さは一目である。
本日発売キャンペーンということで初回は3000円を切る2980円で発売だ。もしかしたら初回ロットは瞬時になくなる可能性があるので、欲しい人は今のうちに買っておこう。

『cheero Energy Plus 12000mAh』に関する記事
http://getnews.jp/archives/586247
『cheero Power Plus DANBOARD version』に関する記事
http://getnews.jp/archives/468437

海外では老舗、日本では新顔のmophie

海外では2006年から事業展開しているmophie(モーフィー)。2007年にはiPhone用モバイルバッテリーを発売し、同年にアップルストア認定商品として選ばれた。モバイルバッテリーだけでなく、ケーブルやケースなど幅広く扱っており今では130か国で展開し、オフィスも北米、オランダ、中国に存在。そんなmophieが日本に本格的に進出するというので先日発表会が行われた。
その発表会では数々のIT系メディアが出席し興味津々であった。

今回mophieが目玉としている製品は『space pack』という製品。iPhoneケース型のモバイルバッテリー兼ストレージ。どういうことかと言うと、iPhoneの既存の内蔵ストレージとは別にこのケースにストレージ機能があり、アプリを使うことによりデータのやりとりが可能になるのだ。容量は16GBと32GBの2種類存在。こちらもアップルストア認定商品で、「store.apple.com」やアップルストア実店舗にて購入可能。バッテリー容量の方は1700mAhと大容量ではないが、iPhone1回分くらいの余裕はある。カラーは白と黒が選べる。

価格は1万6800円(16GB)と2万800円(32GB)の2種類である。少し値が張るが小容量の『iPhone 5/5S』を購入してしまった人はこういうストレージでの対応も可能である。

もちろんmophie社はモバイルバッテリーも発売しており、6000mAhという容量の『powerstation duo』も発売している。こちら99.95ドルとなっており、日本では9000円程で販売されている。

元Googleスタッフが設立した会社Anker

元Googleスタッフが設立した会社Ankerによるモバイルバッテリー『ANKER Astro M3』。こちらアマゾンで現在最も売れているベストセラー商品となっている。その原因としてはシンプルな見た目に値段が3000円前後、そして13000mAhという大容量。更にアマゾン限定モデルとしてハイパワー電源アダプターが付属。

『ANKER Astro M3』に関する記事
http://getnews.jp/archives/438373

大容量ばかりが人気ではない

人気があるのは大容量モバイルバッテリーばかりではない。ペンサイズの小容量のモバイルバッテリーやポケットにすっぽり収まるバッテリーなども需要がある。特にcheeroブランドがバリエーション豊富で『cheero Grip2』は5200mAhとそこそこの容量ながら1980円となかなかのコストパフォーマンス、『cheero Palette』は4400mAhで2900円、『cheero Stick』は2600mAhで1750円である。どれを選ぶかは皆さん次第である。

『cheero Grip2』に関する記事
http://getnews.jp/archives/458489
『cheero Palette』と『cheero Stick』に関する記事
http://getnews.jp/archives/320833

その他の良コスパバッテリーも

上記以外にもCITUSというメーカーによるモバイルバッテリーも最近注目を浴びている。CITUSは『NEO M1』が8000mAhで1700円ほどで販売されており、かなりコストパフォーマンスが良い。また『NEO X1』は10000mAhのモバイルバッテリーに更に4000mAhのモバイルバッテリーがついてくるという製品。2000円台で10000mAhと4000mAhのモバイルバッテリーがついてくるというこちらもかなりの良コストパフォーマンスである。

『NEO M1』に関する記事
http://getnews.jp/archives/576024
『『NEO X1』に関する記事
http://getnews.jp/archives/537220

今後更に小型、大容量化してくるモバイルバッテリー。本日12時に発売する『cheero Energy Plus 12000mAh』はかなり売れそうである。

最後におまけ

こういった大容量モバイルバッテリーを持っていると充電するのに時間が掛かる物である。USBポートも占有してしまい、どうにかほかのデバイスと一緒に充電できないものか。
そんな時に便利なのが、『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ』である。USBが5ポートつきAnkerのPowerIQという技術により接続された機器を自動的に検知、そして最適な電流を送るというもの。タブレットも2台同時に充電可能なパワフルな製品。以前の製品である、25Wよりも15Wアップし40Wとなった。

『Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ』に関する記事
http://getnews.jp/archives/549402

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP