体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルデジ】モバイルバッテリー最強決定戦! 大容量からコンパクトな製品まで

cheero Energy Plus 12000mAh

今数多くのモバイルバッテリーが発売しておりどれも大容量を謳っている。しかし素人目からしたらどのモバイルバッテリーを買えば良いのかわからないだろう。そんなわけで今回はモバイルバッテリーを発売している各社を比較してみることにした。

※全ての画像をご覧になれない方はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/588205

本日発売の最薄・最軽量・大容量で13000mAhの『cheero Energy Plus 12000mAh』

本日の12時よりアマゾンで発売されるモバイルバッテリー『cheero Energy Plus 12000mAh』。こちらは同社が発売してきた大容量バッテリーの中で最薄かつ最軽量となっている。去年大ヒットしたダンボーバージョンとも比較してみたがその薄さは一目である。
本日発売キャンペーンということで初回は3000円を切る2980円で発売だ。もしかしたら初回ロットは瞬時になくなる可能性があるので、欲しい人は今のうちに買っておこう。

『cheero Energy Plus 12000mAh』に関する記事
http://getnews.jp/archives/586247
『cheero Power Plus DANBOARD version』に関する記事
http://getnews.jp/archives/468437

cheero Energy Plus 12000mAh cheero Power Plus DANBOARD version

海外では老舗、日本では新顔のmophie

海外では2006年から事業展開しているmophie(モーフィー)。2007年にはiPhone用モバイルバッテリーを発売し、同年にアップルストア認定商品として選ばれた。モバイルバッテリーだけでなく、ケーブルやケースなど幅広く扱っており今では130か国で展開し、オフィスも北米、オランダ、中国に存在。そんなmophieが日本に本格的に進出するというので先日発表会が行われた。
その発表会では数々のIT系メディアが出席し興味津々であった。

今回mophieが目玉としている製品は『space pack』という製品。iPhoneケース型のモバイルバッテリー兼ストレージ。どういうことかと言うと、iPhoneの既存の内蔵ストレージとは別にこのケースにストレージ機能があり、アプリを使うことによりデータのやりとりが可能になるのだ。容量は16GBと32GBの2種類存在。こちらもアップルストア認定商品で、「store.apple.com」やアップルストア実店舗にて購入可能。バッテリー容量の方は1700mAhと大容量ではないが、iPhone1回分くらいの余裕はある。カラーは白と黒が選べる。

価格は1万6800円(16GB)と2万800円(32GB)の2種類である。少し値が張るが小容量の『iPhone 5/5S』を購入してしまった人はこういうストレージでの対応も可能である。

もちろんmophie社はモバイルバッテリーも発売しており、6000mAhという容量の『powerstation duo』も発売している。こちら99.95ドルとなっており、日本では9000円程で販売されている。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会