体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Glassの商用版はうまく行けば年内に発売、Sergey Brin氏がその見通しを示す

Googleの共同創立者の一人であるSergey Brin氏が5月27日に米国で行われたRe/Code主催のコードカンファレンスの席上で、Google Glass商用版の販売時期を年内との見通しを示しました。Brin氏はコードカンファレンスの中で、Re/CodeのエディターであるWalt Mossberg氏、Kara Swisher氏とGoogle Glassに関する話をしていたところ、”Google Glassの商用版は年内に入手可能になります・・・前後することもあります。と、うまく行けば年内に発売する見通しを示しました。具体的なことは何も明かされなかったので、確定情報はまだそれほどないとみられます。Google Glassは昨年4月よりベータテストとして開発者向けに試作品が販売されています。最近では米国在住者向けに一般発売されましたが、それはあくまでもベータテストを開放したただけで、販売されているGlassは$1,500もするExplorer Editionです。Source : Re/Code



(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayストアのAndroidアプリがv4.8.20にアップデートされる
米Lenovo、Aシリーズの新型タブレット「A7」「A8」「A10」を発売開始
スマートフォンのイヤホンジャックに装着する物理ボタン「HelloKlick」が香港で発売、価格はわずか$1,96(199円)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。