ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S 10.5のプレス画像が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Super AMOLEDディスプレイを搭載した「Galaxy Tab S」の10.5インチモデルのプレス画像がTwitterで流出しました。筐体のフォルムはCES 2014で発表されたGalaxy TabPro 10.1によく似ているのですが、バックパネルにパンチングパターンが採用されているなど、一部に違いが見られます。プレス画像ということで、ホーム画面の内容がデフォルト状態になると思うのですが、Galaxy TabPROのマガジンUXがメインではなく、一般的なTouchWizのホーム画面がメインになっていますね。Galaxy Tab Sには10.5インチモデルと8.4インチモデルの2種類が存在し、どちらも、2,560×1,600ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、Exynos 5 Octaプロセッサ(Exynos 5420)/Snapdragonプロセッサ、3GB RAM、背面に800万画素カメラ、前面に210万画素カメラ、ホームボタン内蔵型の指紋リーダーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA、NFC、GPS/GLONASS、赤外線リモコン(WatchOn用)などに対応していることが噂として伝えられています。Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォンのイヤホンジャックに装着する物理ボタン「HelloKlick」が香港で発売、価格はわずか$1,96(199円)
ノジマ、端末とSIMカードをセットで提供する「ノジマスマホ」を6月下旬より開始、まずはLTEスマートフォン「Ascend G6」を提供
MedaTek、H.265/HEVCデコーダーを内蔵したタブレット向け新SoC「MT8127」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP