ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4.2にアップデートしたXperia Zの“ラグ”を軽減する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4.2にアップデートしたXperia Zの“ラグ”を軽減できるという方法がXDA Developersで紹介されていました。その方法というのは、「Dalvik」と「Bionic」に関連するライブラリをQualcommがAndroid 4.4.2(KitKat)向けに最適化したものに置き換えるというものです。操作を行なうには端末のroot化とClockworkModリカバリの導入が必要になります。Dalvikはアプリを実行する仮想マシンで、BionicはAndroidアプリに基本的な計算機能とメモリアクセス機能を提供するシステムライブラリです。これらを最適化されたものに置き換えると、Dalvikランタイムを使用している状態で、動作性能が格段に向上するとのことです。導入方法は、XDA Developersのスレッドから「4.4_qc-optimized_libs」をダウンロードし、Xperia Zのリカバリモードでインストールします。動作が不安定になる可能性もあるので、事前にROMのフルバックアップを取得しておくことをおすすめします。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、「MeMO Pad 7(ME170C)」を台湾で発表、現地のファミリーマートで発売
シンプルで美しいUIを備えたカレンダーアプリ「Sunrise Calendar」のAndroid版がリリース
LG G Pad 7.0 / 8.0 / 10.1のハンズオン動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP