ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゼクシィ」新CM 広瀬すずの演技に賞賛の嵐 彼女が涙した3つの理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「ゼクシィ」新CM 広瀬すずの演技に賞賛の嵐 彼女が涙した3つの理由とは

結婚情報誌「ゼクシィ」の新しいCMに賞賛の嵐が吹き荒れている。「ゼクシィ」のCMと言えば過去には加藤ローサや倉科カナなど多くの女優を輩出してきたわけだが、今回7代目「ゼクシィ」CMガールに抜擢されたのはモデル、女優の広瀬すず。まあ、何はともあれ、まずはそのCMをチェックしてみよう。

【動画】http://youtu.be/V9xvZcy8K-Y

何じゃこの表現力! そしてこの美貌! 30秒間のあいだ一切カメラが動かないにも関わらず、かつ彼女が口にする台詞がたった一言、それも2文字にも関わらず、画面から目が離すことが出来ない。ちょっとびっくりするほどの表現力である。おそるべき、広瀬すず。

しかも驚くことに、彼女はこのCMが放送されている今日現在、まだ15歳だという点だ(2014年の6月19日で16歳)。日本ではまだ結婚できる年齢ではないにも関わらず、このCMである。これほどまでに視聴者を釘付けにするということは、おそらく彼女の気持ちがこちらに伝わってくるからだろう。結婚に対する歓び、不安、そして過去への感謝など、全ての感情を彼女はこちらに想像させるのだ。

それでは広瀬すずは「ぼくと結婚してくれませんか?」というプロポーズに対して、果たして何を思ったのか。彼女はその涙を流すまでの30秒間で、一体どんなことを思い出していたのだろうか。今回はそれを検証しよう。「ゼクシィ」新CMで、広瀬すずは一体何を思い出していたのだろうか?

1 はじめてぼくと付き合うことになった日のこと

中学の同級生だったぼくとすずは、気の合う仲間で、いつもバカばっかり言ってはしゃいでた。彼女はぼくの気持ちになんて、全く気付かずに。友だち思いでよく女友達の恋愛相談を受けてた彼女は、参考までに、なんてぼくの意見も聞いてきたんだけど、なんだか怒っちゃって。こっちが恋愛相談に乗ってもらいたいぐらいだったから。それで、険悪なムードになったとき、すずは言ったんだ。「ケンカするヒマがあったら、ずっと仲良くしてたいんだけど」って。ずっと、なんて言葉使うの、ずるいなって思ったけどさ。でも、いま改めて思う。あの日があるから、今日があるんだって。すずもたぶん、同じ気持ちなんだと思う。……ぼくと、結婚してくれませんか?

2 はじめてぼくとケンカした日の夜のこと

付き合って、ちょうど一年を迎えた記念日だった。その日は二人で会う約束をしてたんだけど、どうしても友だちの誘いを断れなくて。遅刻しながらも急いで待ち合わせ場所に向かったら、すずはもういなくて。それで、初めてケンカしちゃったんだよな。電話で、お互い結構言い合っちゃって。その日の夜、改めて一人になって、そしたら、すごく不安でさ。大切なものがあることって、すごく不安になるんだなってそのとき初めて知ったんだ。慌てて「ごめんね」ってメールを送ったら、まったく同じ時刻に、君からの「ごめんね」ってメール。笑っちゃったよ。ああ、同じこと考えてたんだ、って。それで思ったんだ。この人と一緒に、同じように時間を過ごしていけたらな、って。……ぼくと、結婚してくれませんか?

3 お父さんとお母さんの優しい笑顔

このあいだ、初めて君のご両親にご挨拶をして。いや、そりゃ緊張するよ。何せ生まれて初めてのことだし……って、いやいや、次はないから、一生に一度のことだけどさ。でもなんか、嬉しかった。広瀬すずを広瀬すずにしてくれたのは、このお父さんとお母さんっていう、素晴らしい人なわけで。それに君と結婚したら、そんな素晴らしい人と家族になれるなんて、嬉しくてさ、やっぱり。泣き虫だから、涙こらえるの結構頑張ったんだぜ? 父の日と母の日には、毎年びっくりするぐらい素敵なプレゼントを贈ろうな。君のお父さんとお母さんと同じぐらい、ぼくらも、幸せになろう。……ぼくと、結婚してくれませんか?

<結論>
人は、愛し合って結婚するわけではない。結婚とはそのような受動的な行為ではないのだ。この人を死ぬまで愛そうと自らの意志で決め、それを実践するという能動的な行為こそが、結婚である。広瀬すずという日本女優界の若き逸材は、それを理解しているからこそあの涙をこぼすことができ、視聴者の心を掴んだのだろう。今後の活躍が楽しみで仕方ない女優さんである。

(相沢直)

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。